教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


No.148 世襲議員、全員落選運動を始めよう!

しかし、文章書くのがおっくうになってまいりました。
おまけに? 気持ちも参りました。

いやはや、目の調子が悪く、ことによると白内障? いや、緑内障? 
と気が滅入っています。
電車の中で座って読む本、これって至福のひと時でしたが、今は自制しています。

従って、出版社として出す本の校正仕事が、以前のように思うようにはかどらず、
校了がやっと、という有り様です。かつ、私の後継者も育てられず…。いやはやです。

編集者の生命の1つは目。文字を読む能力です。これは基本中の基本。
もうひとつも、目。世の中の事象を読む能力。
社会、世界、物事の是非と善悪、つまり認識眼。こっちは何とか、と思うのですが。

さて、今日はやっと気力を出し、ブログを1本書きます。

週刊文春10月9日号(今日発売)の「衆院選300選挙区完全予測」。
政治広報センターの宮川隆義氏の記事、光りました。

つまり、予測もさることながら、「世襲」について厳しく指摘、言及している点が光ったのです。

世襲を正面から批判し、かつその世襲候補を定義し、さらに、世襲印をつけて全立候補予定者を予測しているのです。さすがです。

正直、私が有権者になって43年。初めてのマスコミ界の快挙です。

私は有権者になった20歳の時、日本の民主主義を深く悲しみました。
「この国には民主主義という言葉はあるが、中身が空っぽだ」と感じたからです。
制度としての民主主義の実態も空洞。政治や選挙システムに国民は全く無関心。
マスコミは書かないし、恐らく問題意識もない。(いや、書けない事情がある?)
選挙という、最も民主主義の根幹の、公正な仕組みにすら配慮しない。民主主義の意味づけをしない日本だったからです。

以来私は、就職し、仕事を選ぶ時は「いつかこの国にもっとまともな民主主義が育つことができるようにする仕事を選びたい」と考えて出版の仕事に決めました。そして独立して自分で始めました。

政治を正すことが、この国の未来をより良く変える。
次世代にせめて1つだけプレゼントを残したい。
「民主主義」を実態のある姿にして渡してあげたい。

今も強くそう思っています。

政治を変えるには、有権者に、できるだけ公正な公開された情報を伝える必要がある。
だからマスコミとジャーナリズムが大事である。社会の暗闇の中の灯である。

が、この国の大手新聞やテレビには、どうやらその機能も志も認識もないようです。

週刊誌や休刊した「噂の真相」のようなゲリラ・ジャーナリズムにしか、その役目を見つけられませんでしたし、今もほぼ同じです。

そして教育。

教育は人間の、社会の根幹です。
未来の社会の良し悪しは、今の教育の中身にかかっています。
世界と逆行する教育、これも日本の特徴です。

そしてこれらの諸悪の背景は
①官僚が主権者、支配する国の仕組み、
②それを支える、利用する自由民主党。その利権と世襲の政治。
③税金を私物化する企業人たち。
④悪を見て見ぬふりをしてきた、我が身大事のマスコミとジャーナリズム。
⑤すべての、この前近代的封建主義を存在させてきた日本人。
私はこのような、非人間的、非民主的な日本システムは、嫌いです。

さて、今週号の週刊文春。

宮川さんの世襲印(マーク)と世襲批判。ぜひ読んで下さい。

日本を変えるには、政治の構造改革、つまり
①政権交代。
②世襲議員を落選させる。
③官僚の国家の私物化の息を止める。が、最低限必要です。通過点です。
しかるのち、よりましな民主主義という光を私たちは手にすることが可能になります。

その私の43年間に及ぶ、不正義を許せない気持ちが、この宮川さんの記事で少し楽になりそうです。

選挙はフタを開けないとわかりませんが…。何が起こされるか、敗け犬がかみつくか、わかりません。スキャンダルをあばいたり、あらゆる手段を、自民・公明は仕掛けるでしょう。

この間、20年ぐらい、市民派という人々のそばに私は常にいました。市民運動、市民政治、NGOのような。

が、市民派の多くは、1票の格差より、中選挙区を。(つまり、小選挙区より市民派が少人数だが受かりやすい、だから中選挙区に戻せ)
(しかし、政権交代には夢を持っていない?)

小選挙区にし、政権交代を優先すべき、一票の格差を正すべき論の私は少数派でした。
世襲絶対禁止の私の考えは、ほぼ誰からも何も言われませんでした。中には、「いい世襲もある」という人もいました、市民派に。今、私は日本バイリンガル(日・英)国家論を訴えていますが、この10年間、ほぼ話題になりませんでした。(今年あたりから、ボチボチ共感してくれる人も…)

しかし、昨年夏の参院選で2回目の与野党逆転がありました。1989年の社会党大勝についで、今回は民主党が過半数を取ったことは、記憶に新しい逆転選挙でした。

1989年も2007年も共に、1人区(小選挙区と同じ原理)で自民公明を破り、逆転議席を生んだのです。つまり、小選挙区的状況があったからでした。

参院は残念ながら、今も4倍を越す不公正な一票の格差がありますが、1人区が多いため、このような与野党逆転を生むのです。(早く、1:1にしましょう)

同じく、格差が2をちょっと越す(1:2)のが衆院の小選区制度です。(早く1:1にしましょう)

正しくは、この小選挙区の比例代表並立制は、フェアではない制度です。
ドイツのように、小選挙区比例代表併用制がかなり、理想に近いのは言うまでもありませんが、それは、民主主義のレベルの差。1993年、細川内閣当時の政治力学で、自民党の圧力が加わり、今の形になりました。
それでも、今回は衆院選の与野党逆転の風が吹きまくっています。

とにかく、政権交代の起こりうる国にまずすること。より良い政権を国民が選べること。
これにより、官僚の力を削ぎ、自民党、そして大企業との癒着を切り、かつ世襲の議員をすべて落選させませんか。
日本は、そうすれば変わります。市民有権者革命となります。
今回の民主党の政策は、かなり私の長年の訴えと誓いのでびっくりしています。ほぼ賛成。

マスコミも、思い腰をあげそうです。今、小泉郵政目くらまし選挙で愚かだったマスコミ自身が反省してますから。マスコミこそが目くらましに合っていたと…

唯一、最後のチャンスでしょう。日本改革。
世襲を禁止し、一票の格差を正す。(1:1に)
そして、首相を公選する。これが私の政治の3つの夢でした。

★お願い★
あなたの選挙区にいる世襲議員、それが誰であれ、良質であれ、まずは一度落選させませんか!


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2008-10-02 16:14 | 日本の未来
<< No.149 『教育格差が日本... No.147 子どもの塾通い... >>