教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:雑感( 25 )

No.143 子どもの困難や回答を直接子どもに伝えるべき時代

最近、長い間、子育てや教育関連本を作ってきて、つくづく感じることがあります。
(子育て、教育本、シュタイナー教育系から数えて53冊を出版しました。)

①あまりに売れない。我が社の教育本。(これは開口一番のグチ)
②子どもたちの状況が変わらない。むしろインターネット、ケイタイで悪化。子どもの心の荒廃
③親が聞く耳、いや読む気を起こさない?
④子ども育てが乱脈化、ダッチロール、どうしていいやら状況か?
⑤テレビやビデオ、ゲームと、子どもの脳の発達問題がタブー視
⑥食べ物→ファストフード化、拝金ビジネス恐るべし
⑦いじめが当たり前、話題にものらない
⑧不登校などに打つ手なし? の社会が普通?
⑨競争と受験のための文部科学省、教育の目的はどっち向いてるの?
⑩親の経済力と、子どもの教育格差が歴然。
⑪相変わらず塾や受験ビジネス大繁盛。親のサイフで教育する日本。

いやはや、あと20~30テーマは書けそうです。
で、一つ思うのは、子ども自身に直接タッチしていかないと、何も変わらないかも…と思うこと。

つまり、教師、親に情報を(例えば「ほんの木」なら本から)伝えても、もはや届かない。
活字読むのが不得手な人間の増大。ケータイ中心社会の出現?

それより、子どもに直接、何が正しく、何が間違っているのか。ケータイやインターネットの実害。いじめはしてはいけないし、見て見ぬふりもいけないこと。その他、子どもに関する生活基準を直接教え、導き納得、習慣化してもらわないと、何も変わらない、とさびしくなります。

こんな私のボヤキ、あなたはどう思いますか。
[PR]
by alternative-edu | 2008-07-07 17:49 | 雑感

No.120 「自己肯定感」が日本の子どもたちへの未来のキーワード!

この1999~2007年の間、幼児教育、シュタイナー教育、小学生の親への教育問題の書籍を約72冊編集し、発刊してきました。

日本の子どもたちの未来を、幸せに、心豊かにと願っての、勝負でした。

らでぃっしゅぼーや、大地を守る会を中心に、力強いご協力あってのことです。
特に両社の温かいご支持は言葉で言い表せません。

さてこの72冊の中で特に強く感じるいくつかの問題が見えてきました。

①マンガ、テレビ、ビデオ、アニメ、ゲーム、ケイタイ
この一連のブームや、ビジネスの拡大とともに子どもたちの生活スタイルや時間の使い方(お金の使い方も)が変化し、多くの事件、引きこもり、不登校やいじめetcが拡大しているのではないかと思えます。

②テレビは特に、できれば7歳ぐらいまでは見ない方がいいようです。
ゲームもビデオもケイタイも。

③本を読む子どもに育つと、未来が開けるのでは、と思います。

④何より「自分のことが好き」という「自己肯定感」を育てることが日本の子どもへの大前提。
ほめる、よい所を見つけて伸ばす子育てこそ、今やるべき緊急子育ての課題です。ほとんどすべての先生や専門家の意見でした。

⑤競争、受験、格差などをいかに無くすか? 
これは教育というより、政治マターでしょう。

⑥平等性の高い社会。福祉レベルの充実した社会。そして教育に国の資金をもっと投入し、人材こそ日本の資源、という覚悟を持って、子どもたちを育ててゆくことが最重要です。

⑦日本国憲法、旧教育基本法を前提にした平和、国際貢献、生命の平等、格差の少ない、チャンスの多い国
そして世襲政治をなくし、政(自民)財(大企業)官僚の権力や権威をコントロールし、そして民主主義をよりよく生み出すシステムと教育を子どもたちに与えてゆくこと。それが日本を変え、世界の中で尊敬されてゆく、唯一の道と私は思います。

⑧私自身、日本という国に対して「自己肯定感」を持てるよう、まず子どもたちに自己肯定感を育て、次に社会、政治を民主化し、浄化し、公開させ、「日本が大好き」といえる国に作り変えたいものです。
これは愛国心ではなく、「日本が民主的でよい国」であるという「自己肯定心」なのです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-08-31 18:58 | 雑感

No.118 人の生きるスピードを考える

前にも書きましたが、私の住む町に通所施設の障がい者作業所があります。

毎朝、駅に向かう勤め人や(私もその一人)学生たちは、早いピッチで改札口へと歩きます。

一刻も早く、一電車でも早く。早く早くと。
これが日本人の、いや現代人の生き方になっています。

一方、駅に降り、作業所に向かう障がいを持つ若者、大人たちは、付き添う親も含め、ゆったり、ゆったりと歩を運びます。

立ち止まったり、何か飲んだり、しゃべったりと。

私はよく考えます。

駅へ向かう人々の歩くスピードより、作業所へ向かう人たちの歩くスピードのほうが、人間的ではないかと。ずっと当たり前のスピードなのだと。

自分のペースで人生を歩く。
「皆がそうできたら、この世の中、もっと平和になるかもな」と考えつつ、
今日も私はワッセ、ワッセとあわただしく、忙しく、改札口へ向かうのです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-08-31 14:20 | 雑感

No.115 朝日新聞社刊『一流校に入る』増刊はさもしくないですか?

しかし、ひどいなあ。

節操のない、週刊朝日臨時増刊『一流校に入る』2008が少し前ですが、でました。

朝日新聞社らしくない!

内容も、「ブランド校に入るルートと費用」とか「東大合格者172人の家庭

大きなお世話!!

朝日新聞社は確かに東大卒の社員が多いらしいです。
だから、自己肯定の本を出すんでしょう。ゼニもうけのために。

本来の教育をどう正すべきか!の本ならまだしも、
一流校、受験、偏差値、競争を肯定し、助長するような本です。

北欧みて下さい。競争なしですよ。
なのに、平等を重んじ、学力も高い。
日本の正反対の価値観、教育観。

まあ、受験生を持つ親も読者の一人ですが。
武士は食わねど高楊枝、とはいきませんか? 朝日新聞の心ある皆様。
(私も熱烈読者です。読売や日経の勧誘(甘誘?)蹴飛ばしてるんですよ)

それにしても、さもしい話です。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-08-09 20:11 | 雑感

No.105 格差の世襲は許さない!(62歳を目前にして)

世界人権宣言に書いてあります。人は生まれながらに平等なのだと。

e0086848_18181456.jpg
(当社で1990年刊『すべて人は、』 ―Born Free & Equal―世界人権宣言ビジュアルブック、という本を出しました。

30条にわたる、普遍のメッセージと、美しい世界の写真(ジェド・シェア氏の写真)で構成された本です。
人が、地球の自然から生まれ、子供→若者→大人→老人へと移り変わり、やがて自然に戻って行く、この本で表した私の構成です。(日本語と英語の併記)

第1条(自由平等)
すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利とについて平等である。人間は理性と良心を授けられており、互いに同胞の精神を持って行動しなければならない。
この条文すら、日本では死語となって久しい気がします。

そしてこの全30条の一つの特徴は、「すべて人は、」で始まる条文の精神です。
「日本国民は、」で始まる日本国憲法の上位に位置する「すべて人は、」の5文字。重たいです。
民主主義の精神を国連が1948年12月10日に採択し、地球上のすべての国と人々に発したメッセージがこれです。

そして日本。新自由主義。競争。強い者が勝つ。
世襲で楽をして最初から階級を昇らない人間たちがいます。
改めて私は、格差の世襲に、強く反対したいと思います。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-05-17 18:16 | 雑感

No.98 ちょっといい話―小さな子ども連れのほのぼのお母さん

先日、中央線に乗って帰宅途中、ある駅で、乳飲み子を抱え、荷物とベビーカーを持ったお母さんと、まだ3~4歳の小さな上の女の子が電車からホームに下りようとしていました。

電車とホームの間にやや広くすき間があったので、私が何気なく、上の女の子を抱えてホームに降ろしてあげました。

下車したお母さんが、その子に「ちゃんと大きな声でありがとうをいってね」と言うと、その女の子はニコッとして私に向かって「ありがとう」と大きな声で言ってくれました。

「どういたしまして」と言って車内から手を振ると、彼女も手を振り、お母さんが会釈をし、電車が動き出しました。

たったそれだけでしたが、このお母さんはいいしつけをしているなあ、とつくづく感じられたのです。

ほんの木で「子どもたちの幸せな未来」幼児教育シリーズ(年6回)をスタートして5年目になり、今また小学生版シリーズ(年4回)を昨年12月から開始しました。そんなせいか、街や電車の中などでの親のしつけ方、叱り方、ほめ方が気になります。そして、どうしても子ども連れの親子に目がゆきます。

子どもは親を選べません。どんな親の下に生まれても、貧しくても、子どもは子どもらしく、生き生き育つことを、いつも祈るようになりました。小社のシリーズタイトルじゃありませんが、つくづくすべての子どもたちに幸せな未来を、と願わずにいられません。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-02-13 16:47 | 雑感

No.78 8月10日 毎日新聞「みんなの広場」にキラリの投書

1つは「相次ぐ事件に、家庭の重要さを痛感」という男性からの投書。

「理不尽な殺人など決して起きない世の中は来ないだろうか。
人の基本を培う家庭教育の重要さを改めて痛感する」
との一文、全く同感です。

もう1つは、「小4の息子から、優しく諭された」という女性の投書。

小4の息子と電車に乗るために駅に行き、駐輪場でない場所に
自転車を置こうとして息子から
ここは自転車置き場じゃないから止めたらあかんで
お母さん、ルールは守らなあかんねん」といわれたそうです。
お母さんも「お母さん間違っていた。ごめん」と息子にあやまり
地下駐輪場へ置いたそうです。

息子の素直な「ルールは守らなあかんねん」という指摘を
あいまいにしない態度、性格。
お母さんが反省し、息子に「ごめん」と謝ったこと。
この会話ができる親子関係ってすばらしいと思います。
特にお母さんが非をすぐに認めたこと。
息子に大切なことを伝えたと思うのです。

「ありがとう」「ごめんなさい」「すみません」「どういたしまして」
これだけは、子どもたちの世代に永久に伝えてゆきたい、真の家庭教育だと思います。

私もつくづく反省しました。
この小4の子とそのお母さんに、一歩でも近づける大人になろうと決めた次第です。

(この「みんなの広場」の下に子育て、教育ものを中心とした「灯台」という
創価学会系出版社、第三文明社の発行する雑誌広告あり。
なんで、この場所ですか?毎日新聞殿)

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2006-08-11 16:51 | 雑感

No.69 「女性を見る目」について

もう一度、ばななおやじさんへ

教育から離れちゃってすみません。
そうでしたか、カムイミンタラさんは女性だった! ばななさんとお知り合いだった!

「私の女性を見る目が確か…」とおっしゃった理由、発見しました。 カムイミンタラさんの活動状況、またぜひ教えて下さい。できることは支援いたします。

で、ここで書くのもなんですが、白状します。

私は編集者としてスタートした時、大勢の先輩女性編集者に育てられました。
彼女らから、「かわいい」という感覚を2~3年かけて教えてもらいました。
本来私はバリバリの体育会硬式野球部でしたので、男脳人間でした。
それが編集を始めて、女脳を植え付けられ、今日があります。
今や日本発「かわいい―KAWAII」は世界の文化だそうです。(本当かなあ?)

で、そんなことへの恩返しもあり、女性雑誌に長く関わり、中高生読者に学び、一方、昔から政治やジャーナリズムや教育に強い関心を持ってきました。

ほんの木になってから、中森明菜の本のヒットで基礎ができ、その後、「芳泉&長寿元」で阿久沢うめよさんというおばあさんに、次に大村祐子さんのシュタイナーの23冊の本、南研子さんの「アマゾン、インディオからの伝言」そしてはせくらみゆきさん、藤村亜紀さん、と多くの女性たちがほんの木を助けてくれました。経営が行き詰まると、救世主のようにエネルギーのある女性が現れます。

特にこの15年ぐらい、私は無名の女性を見つけて、世に出すのが大好きになりました。

特に日本の男女差別への怒りと不公正さへの私の気持ちがそうさせます。
私は何でもフェアであることが好きです。

同時に、世の中をよりよくしてくれる女性に、スポットライトを当て、多くの人々に認められ、その人が輝きながら大きく育つ。さらに力を得て、人々によりよい影響力を発揮するのを手伝う仕事が好きなのです。
ほんの木のビジネスは、それです。
私は単なる応援者、リヤカーの後押しをする人間です。汗を流す仕事が性に合ってますから。

私はジャーナリストでもなく、一介の出版人、編集者です。ただ、この仕事と私のささやかな存在を「良いこと」に使いたい。良いことを広げる力のある人のために使いたい。そういつも思っています。

従って、私の人を見る目はけっこう厳しいと思います。本が売れたり、少し有名になるとすっかり人が変わる、という人は、いくらベストセラーが出せそうでも私はやりません。

私を育ててくれた先輩や女性読者への恩返しと、公正な世の中、この2つが、私がどちらかというと、女性に目をかけている大きな理由です。
もう一つあるとしたら、女性が力を持つ社会は、平和で民主的だからです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-28 15:18 | 雑感

No.59 「親も子も、何かが変? なぜ?」

―豊かさと便利さが、人間の心を破壊している?―

いや~、教育ブログ、なかなか書けず、すみません。
今、『幸せを奪われた「働き蜂国家」日本』という本を特急で読んでます。
ベンジャミン・フルフォードさんと、カレン・ヴァン・ウォルフレンさんの共著です(徳間書店)。(それと、中丸薫さん著「この国を支配/管理する者たち」(徳間書店)これも強力。)

中身は、日本のおかしさ、異常事態の背景探しの本です。
読んでいて、自分の日本への見方が、このお三人と共通すぎるのが、安心というか、不思議です。世界の目で見ると、完全に日本は異質な国になり切っちゃいましたね。

で、これ読んだあとに3冊、教育関連本が控えています。
①「フリーター漂流」 松宮健一さん著(旬報社)
 NHKスペシャルの制作ディレクターをしている人の本です。(これ、すぐ読めます。フリーターの人々の心情が伝わりました。

②「8歳で脳は決まる!」子どもを救う父親の力
 平山諭さん著(河出書房新社)
臨床発達心理士の本。脳科学を活用した子育てスキルの専門家の人です。

③「父親力で子どもを伸ばせ!」清水克彦さん著(子供の未来社寺子屋新書)
 文化放送プロデューサーの人の本です。

当社ほんの木刊「子どもたちの幸せな未来」シリーズ3期1号が「共働きの子育て、父親の子育て」でしたが、もう少し、この「父親の力」を自分なりに理解し、今後の企画に役立てたいと勉強のつもりで買いました。

残り2冊読んだら、何かブログに書きますね。

でもその前に、教育のことで気づいた話が見つかったらポツポツ書きたいと思っています。

親が子を、子が親を殺す事件が、後を断ちません。
せめて、もっと何とかならなかったのか。どうして家庭が壊れてしまったケースが、こんなにも多いのか。

何が原因か。でも想像はつきます。

今、当社、ほんの木から熱帯森林保護団体代表の南研子さんの単行本第二弾を準備中です。(10月~11月刊予定)
アマゾンのインディオの世界には、人殺し、しかもこうした親が子を、子が親を殺すような事件はありえないと、インディオが南さんから日本の実情を聞いて、ひっくり返ったそうです。
つまり、共同体がしっかりしていて、物質文明が進んでない、貨幣経済もない社会には、共に助け合うことは日常でも、人と競うことはないということです。ヒントはこの辺じゃないでしょうか。むしろ、南さんによると、インディオ社会の方が民主主義が機能しているそうです。

また、8月上旬発行予定で、北海道ひびきの村代表の大村祐子さん著の新刊も進行中です。「子どもたちの幸せな未来」シリーズ4期⑥号の本です。
大村さんの今度のテーマは「子育てとお話しの力」つまり、叱ったりしつけたりするときにも、「お話」を使って子どもの心に必要なことを届けよう、という本です。家庭で多くのお父さん、お母さんに、活用してもらえる中身を、大村さんは締め切り目指して、お忙しい中、書いています。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-05-17 12:04 | 雑感

No.55 4月27日23:58コメントの「オブジェ」さんへ

このような拡大解釈というか飛躍論って、よくある、民主的言論つぶしじゃないでしょうね。あるいは自民党系の方?
オルタナティブ(市民派)のブログやメーリングリストに乱入してくるケースがよくあると聞いています。私も以前にも経験がありますので初めてのことじゃありませんが、こういうコメントが来たり、こういうコメントに返事をすることに、いつもとてもストレスを感じます。このようなコメントを書く方に、こちらの意図をきちんと理解してもらうように書くということは、とてもエネルギーがいることなのです。私なりに、わかりやすく書くように努力をしているつもりではいますが、やはり、少々悲しくなります。

以前にも書きましたが、ブログは私の一方的な考えの表現の場と考えていますので、匿名による批判や中傷のコメントに対する言論、やりとり、応酬は、エネルギーと時間のムダだと考えています。やり出したらきりがなくなる可能性もあり、何が正しいか、真実かを証明するのも厳しい作業だと思います。まして、相手の顔も見えないブログやネット上の匿名の議論は、泥沼化することが容易に予測がつきます。かといって、ホリエモン氏のように、グルメの話など、無難な話を書くほど、私もヒマではありません。ですから、この「オブジェ」さんのような中傷のコメントには、①削除する、それか②そもそもコメントを受け付けないのどちらかしかないと思っています。私はそのことで私のブログを読む方が減ったり、一人もいなくなっても、一向に構いません。客寄せでやってませんので。
私は私が信じる世直しをやっていきますので、どうぞ、あなたはあなたなりの世直しを、して下さい。だてに40年、この思いでやってきていません。私が北朝鮮のようで、ファシストか否かは、読む方にお任せします。

こういう卑怯なやり方をするから、武士道や情緒を強調する藤原正彦さんの「国家の品格」が売れちゃうんです。
直接会って話せば、15分で意見が合うはずだと思いますよ。(たいがいの場合は。たまに3時間くらいかかることもありますが)

よろしければお名前と連絡先の電話と住所を教えて下さい。それで初めて、物を言って下さい。
インターネットの匿名性の悪用はやめませんか?インターネットの最も悪い所です。
私は実名、所属も書いてあります。ホームページで電話、ファックス、住所もすぐにわかります。
とにかく何でも、やるなら正々堂々、実名で議論しませんか? そうできないなら、私のやり方でやらせて下さい。日本国憲法で言論の自由は保証されています。但し、実名で。
[PR]
by alternative-edu | 2006-04-28 15:52 | 雑感