教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

No.4 車の事故をなくしませんか!

競争と学歴のない、オルタナティブ(もう一つの、代案)な教育と少しズレますが、またしても36人の園児の列に59歳の男性が運転する車が突入。今の所、子どもたちが重態1名、31歳の保育士を含む36人が傷を負いました。昨日、静岡市清水区でのできごとです。

この所、高校生、中学生、小学生らの下校中の列や、マラソン中などの列に車が突っ込む事故が多発しているように感じられます。

原点を考え直したいものです。道路は誰のためにあるのでしょう?

道路は、車のために整備され、多額の赤字国債を積み上げながら、日本中が車道化されました。そしてトヨタをはじめ、自動車産業は日本の稼ぎ頭のNo.1です。道路あっての車なのに、国が国民の金で道路を作り、その上で車ビジネスが成長し、するように仕向け、大もうけをする。その代わりに、年間、日本で約100万件、事故があります。今回の清水区の園児への事故もその一つです。100万件というと、人口1億2700万人いる日本人が、年間、127人に1人必ず車の事故にあう、あるいは加害者になりうるということです。10年経つと12.7人に1人。人生80年とすると、1.5人に1人、生きている間に必ず事故に合うことになる計算です。
私は、たった一度きりのいただいた人生を大切に生きることのできる、そんな生き方をもっと見つめ直すべきだと考え、車を運転しない、その前に免許を持たないできました。

そして事故を減らす方法で私が毎日実践できることをやり続けようと決めています。
以前「柴田敬三の世直しブログ」でも書きましたが、再度お伝えします。

横断歩道などで、歩行中に、自分のために止まってくれている車(もちろん、他の大勢の人たちのためも含めて)に対し、①心の中でありがとう、とつぶやく(→必ずその気持ちになるとなぜか頭が下がる)。②頭を下げたら車に会釈する。③手をあげて、「ありがとう」の合図をする。この3つをやっています。

本来は、何であれ歩行者最優先のはずです。が、現実は違います。車優先社会、車優先国家日本ですから。ムダな抵抗はやめました。北風でなく、太陽になろうと決めたのです。

太陽作戦の狙いは、車のドライバーの心を「あっ、頭を下げてくれたぞ、止まってやってよかったな」と思わせる工夫が必要なのです。「次も交差点で人がいたら、突っ切らないで止まってやろう」「人がいたら注意して運転しよう」そう感じ考えてくれることを、ドライバーに期待して、私はこの「無言の行」を続けています。

1日3~5回ぐらいは、この「車に会釈」をしています。ちなみに今日は5回でした。もし日本ですべての人が同じことをやったら、例えば仮に5,000万人が1日1回「ありがとう、私の、私たちのために止まってくれて」と心の中でつぶやいて、頭をペコリと下げたら、手をあげたら、5000万人のドライバーがちょっぴりでも気持ち良くなるはずです。チリも積もれば山となります。

たぶん5000万人とは、車を実際運転している人の数に近いはず。確実に事故が減るはずです。私も最初は(今もですが)恥ずかしかったです。バカみたいで。誰に評価されるでもなく、ドライバーだって気付かない小さな行為ですから。でも、ダンプカーやトレーラーなどには意識して必ず、この「ペコリ手をあげ」をやります。事故が起きると大きくなりそうな車なので。

競争学歴のない教育を子どもたちに―――と強く思う私ですが、その前に、子どもの生きる環境をよりよく正すことも大事な希望であり、私の祈りの、願いの一つです。
赤信号でも突っ込む、黄色でももちろん、スピードはゆるめない。いつもそんな光景を目にします。日本のドライバーの皆さまにも、強く訴えたい。
「子どもたちの事故をなくしませんか」という改革を!
[PR]
by alternative-edu | 2005-10-28 23:58 | 雑感

No.3 二つの日本、多様な生き方の選択肢を

前回、お断りした通り、私は今の日本の教育の「あり方」に批判的立場をとっています。
明治以来、脱亜入欧→富国強兵→侵略戦争→敗戦→経済成長→お金がすべての拝金主義→経済競争社会→グローバル化と市場主義→勝者・敗者の二極化社会。
これが今日まで日本のたどった道です。

一体この延長上に、心豊かな暮らしや、子どもたちが、生き生き、伸び伸び、安心して毎日を過ごし、そして、「あんな大人になりたい」とか「生きているって楽しい」とか、「夢を抱いて実現したい」とか「未来が楽しみ」と感じられる社会や世界が待っているのでしょうか?
本当に、あなたご自身、どう思いますか?

パラダイム(枠組)の変換、あるいは、トランプで言うと全取っかえしないと、心豊かな社会は実現しない、と私は思います。
残念ながら、世界はグローバル化し、IT化により情報が管理され、お金(経済)、食糧、エネルギー、資源、軍事力、医療までが、アメリカを中心とする富と権力に握られています。
日本だけが、それに「NO!」といっても、通じません。

従って私は、日本が、いや人間として一人一人が、生きる方法に二つの「あり方」がある、と考えています。
一つは、世界のうねりの中で身を処す方法。グローバル化、IT化、管理された社会の中で闘い、競い、勝者か敗者になる道です。でもこの場合、必要条件があります。それは公正なルールに基づき、敗者復活の道があることです。果たして、その条件が存在するでしょうか?
一方、もう一つは、勝者と敗者から離脱し、無関係な生き方を選ぶ道です。心の自由を得る、競争や戦いのない生き方をする人々と生きてゆく道です。
そんな方法があるのでしょうか?どうすればそうなると思われますか?

私は世界と日本の二つに生きる場を分け、世界は前者、日本は後者の生き方を前提としたら可能だ、と考えます。

今、楽天のTBSとの経営統合の話や、村上ファンドとやらの阪神電鉄と阪神タイガース上場といった、ゆさぶり、また、自民党の応援で投票に行ったことのない人が選挙に立候補するという、不思議な人物、あのホリエモンくんが、フジテレビ、ニッポン放送と闘った騒動もありました。まさに、六本木ヒルズ全盛、IT長者万歳のお金で何でも手に入る時代を象徴しています。
こうした拝金経済を求める企業家や投資家は、日本などの狭い世界に縮こまらず、私は世界のマーケットに出て堂々と仕事をやってはどうか?と言いたいわけです。
それがグローバル化、IT化論。マーケットは世界中。何もますます縮小する、限られた日本の中のパイから、弱い人々から利益を収奪する必要はありません。

日本は、貧しく心豊かで、そこそこに楽しく生きることのできる自給自足国家ではだめなのでしょうか?

という私の考え方の根底が、競争のない、学歴を問わない、社会をつくるための教育。民主主義をより高める、より良い社会を構築する市民を生み出す、そのための教育がいいなあ、という結論なのです。

この意見を私が人々に説明すると、大体いくつかの反論が出ます。(市民派からもね)
①それじゃあ日本の経済は落ちる。税収が減る。国が立ちゆかない。国が破産する。
②自分は日本語しかできない、海外なんかで仕事できない。理想論だ!
③右翼や保守国家主義者がだまってないぞ。民主主義の社会なんてことになったら、彼らの居場所がない。(けっこうシリアスですよね)
④中国が強大な国家になったら、支配されちゃう?
⑤アメリカに見捨てられないか?
⑥税金が高くなり、累進課税が上昇すると、金持ちは海外に逃げるぞ。
⑦世襲の政治家や経営者、既得権益で生きている権力者が黙っちゃいない!
⑧ヤクザがデモをするかもしれない。
⑨官僚が許さない。自分たちが特権を失うから。
⑩東大、京大を始めとする、権威的立場の人々や日能研や代々木ゼミなどの進学塾、学習塾が怒る!

などなどです。

でも①~⑩って、その方がいい国になる、と私は確信しています。

1000兆円の赤字国日本。自民・公明からそろそろ大増税が語られ始めました。
早いと2008年に、遅くても2010年には日本破産、と私は見ています。
郵政の民営化とは、アメリカが、早くしろ、と日本の残された資産を持っていく、前哨戦です。

日本が破産したとして、そのあとをどう建て直すか…。
すべてはそこが21世紀の始まりだとすると、スタートは教育からです。
海外にも仕事に出られ、力を発揮でき、日本にいても自給自足で心豊かに生きられるための教育。両方の生き方を子供たちの未来に。これがこのブログのテーマです。
[PR]
by alternative-edu | 2005-10-26 21:42 | 日本の未来

日本の教育の「育て直し」

今日からぼちぼち、この「競争のない教育と子育てを考えるブログ」をスタートします。

独断、偏見、わがまま、勝手なブログです。どうかご了解下さい。
また、前提として、私は、日本の現在(過去も含め)の教育を「よし」と思っていない立場です。「教育のオルタナティブ」日本の教育のあるべき(こうあって欲しい)姿を、皆様とご一緒に考え合えたらいいな、と思っています。よろしくお願いします。

なお、このブログは、私がワープロを打てず、パソコンを触ると吐き気がし、アレルギーがあるため、力強い助っ人、岡田直子さんという、わが社のスタッフが全面サポートしてくれます。(↑力だけですが、どうぞよろしくお願いします)

さて、私は、仕事柄、とにかくしょっちゅう、本屋さんへ行きます。
いつも感じることは、「ほんの木」で自分たちのつくった本の棚の前に、なんて人がいないのだろう、という寂しい現実です。環境しかり、エコロジーしかり、障害者コーナーしかり…そして教育、子育てもです。

「売れない」本ばかりつくって、スタッフに苦労をかけ通しですので、あまりデカイことは言えないため、小さな声でブログに書く、という心境です。

で、その本屋さんの「教育・子育てコーナー」でいつも思うことは、なんでベビーカーのお母さんや、子育て中のママたちがいないのだろう?ということです。そこで常識の範囲で考えました。

①毎日子育てで忙しくて、「本なんか読んでられない」という方がほとんどでしょう。
②活字を読むといちいち考えるのでめんどくさい。
③マンガとテレビとゲームとケイタイで育ったから、活字の本はね?
④インターネットで活字での子育て情報は十分入手できます、という方も多いのでは?
⑤本は図書館で読みます、という方。
⑥本は高い?お金がもったいない?

などなどが実情でしょうか?
わかります、わかります。どれもこれも。おっしゃる通り!

確かに、活字をいちいち読んで、それも1冊丸ごとってエネルギーいりますよね。
その割に読んだ後、こまかい中身を覚えてなかったりして。私も同じです。

でも、活字を読むと思考がはたらきます。人間は皆、感情の動物ですから、時に左脳で右脳(感情を司る)をコントロールしないと、心がゆるんじゃったりしますよね。

本は「考えること」を人間に与えてくれます。
何が大切か、何をしちゃいけないか、子どもの心をどうやったら、育てられるのか、食べ物のこと、ゲームやテレビ、ビデオの害、子どもの前頭前野(前頭前野は心を司る脳です)に与える悪い影響。病気と健康の常識。子どもが成長するにしたがって、身についたものとして表れる生活習慣(これも幼児期からの積み重ね…要はしつけでしょうか)。こうした、子どもが少しでも幸せな未来を手に入れるために親がやれることを、本が考えさせてくれます。

感情のなすがまま、思ったまま、人間の本能のまま、子育てしていたら、どうなるでしょうか?

「子どもが壊れる家」(文春新書)を今、読み始めました。
なぜ今、普通の家庭で犯罪が多発するのでしょうか。「ゲーム、テレビ」に対し、厳しい視点で書かれています。
この中で一つ、注目すべき言葉を見つけました。「育て直し」という言葉です。

少年鑑別所の法務教官をやっていた著者、草薙(くさなぎ)厚子さんの前書きに出てきました。法務教官の仕事とは、矯正教育、つまり「育て直し」だそうです。

でも私は、この「育て直し」という意味は、多くの「普通の」子育てにも(大変お父さん、お母さんには失礼ながら)十分に考えて欲しい要件だろうと思います。

そしてもう一つ。「育て直し」の必要性を生んでしまったのは、実は国であり、官僚であり、文部科学省であり、自由民主党とその党を支持し、自己に有利に、利益になると判断した人々であり、こうした全体を生み出す、日本の持つ悪しき制度と習慣です。

日本国憲法という、世界に誇れる民主主義の規範を持ちながら、戦後60年たっても、民主主義が少なくとも他の先進国のように機能しない、この日本こそ、「育て直し」をしなければならない対象だ、と実は私は思っています。

このブログでは「日本を育て直す」「日本の教育を育て直す」には、どうしたら、どう私たちが「在ったら」よいのかについても、言及していきたいと考えています。

ではまた…来週かな?
(土日は、ほんの木の引越仕事で力仕事中心にバタバタしていますので)

よい週末を。
パキスタンの地震に遭われた方々に心を寄せながら
[PR]
by alternative-edu | 2005-10-21 19:59 | 日本の教育

競争のない教育と子育てブログ

今日から、できるだけ毎日(除く土日祝)、ダメな時は週2~3回のペースで、このブログに、「競争のない教育と子育て」に関する情報や雑感を記していきます。何で「競争のない教育」と(そのための)子育てをテーマにブログを始めるのかについて、少し書きます。

今、日本には、勝ち組と負け組という、実にいやな、非人間的な言葉とそれを平気で使う人々、マスコミ、そして社会格差が生まれようとしています。

一体、彼ら、彼女らは何に勝ったのでしょうか? そこには、「金もうけ」を軸にした、金持ちと、金を持たない人々とを区別する言葉以外の意味を私は見出せません。

もっと不愉快なのは、自民党の竹中平蔵氏らのよく言っていた(最近言わなくなった?)「努力する者が報われる社会」→金持ちの税金を安くした時のキャッチフレーズです。(昔は最高税率70%、今37%にダウン)
では、介護やNGOや市民運動で努力し汗をかいている人々。あるいは障害者の共同作業所で頑張る職員。こうした金銭的には必ずしも報われない人々の日々、厳しい努力を時には生命を張ってやっている人々を小泉さん、竹中さんらは、どう報いているのでしょうか?きっと眼中にないのでしょう。
勝ち組とは「金もうけをうまくやった人々」と明確に表現すべきです。「金もうけにうまくいった人々に報いるために、金持ちの税制をアメリカ並みに優遇します」と選挙で公言したら、その政党は本当は敗けます。

でも、この間9月11日の選挙で、自民・公明党が大勝利しました。何せ、郵政民営化でダマしましたから、大衆を。日本の平和憲法すら、改憲されてしまう当選者です。これを日本の国民が選びました。(但し郵政民営化は、3500万票の野党と3400万票の自・公ですから、事実上は敗北のはず)

テレビは大々的に、小泉自民党の演出した、広告代理店との合作選挙を毎日毎日、おもしろおかしく伝えました。まるで、お笑いバラエティのように。新聞は、何ら、それを批判することなく、相乗りしていました。
これが日本です。
どうしてこういう不条理がまかり通るのか、私は悲しくて仕方ありません。

今年の春から、約130本以上、「世直しブログ」という個人的社会批評ブログを続けてきました。が、結局、この程度のことをいくらやっても、世の中は何も変わらない。テレビには勝てない、という事実に、正直失望しました。

なぜテレビはあのような、選挙への片寄った、小泉政権を勝たせる報道を行い、バラエティ番組にも何にも、小泉チルドレンの刺客さわぎ一辺倒の状況を作ったのか?

テレビの持つ影響力の大きさ、それに対し、あまりに広告スポンサーにおもねった視聴率という悪魔(金もうけのバロメーターのこと)に内容をゆだねてしまうのか?

①どうやらこの国のマスメディアの体質に問題がありそう。
②マスメディアに入社する人々の人間性にも問題がありそう。
③広告収入をメディアコントロールの武器にしている企業にも問題がありそう。
④それをコントロールする、官僚、役人に多いに問題がありそう。
⑤勝ち負けから離れて生きる、自由な人間が作る市民社会の重要性
⑥そのためには、民主主義のレベルをあげる必要
⑦となると、教育。それも競争や学歴のない教育に作り変える必要性。
⑧どの政党も政治家も、日本の未来のビジョンが描けておらず、グローバル化、市場競争、経済成長、豊かな暮らししか視野に入ってない不幸を改めるべき時。

というようなポイントから、「ブログで競争のない教育と子育て」をテーマに、改めて一から主義主張を述べていこうと考えました。結局、国民のレベルがマスメディアのレベルなのです。時間はかかっても、オルタナティブ(もう一つの)教育の必要性を感じている、お母さん、お父さんと共に教育を作り、変えていきたい。それが私のこのブログの真意です。

当然、大勢の方々のご意見もいただき、あるべき教育とは何か、子どもたちの未来が、今日の私たちの社会より楽しく住み良く安全で、幸せな状況になれるよう、しばらくこのブログにチャレンジします。

長くなるので、初日の施政(姿勢かな?)方針演説はこのくらいにします。

日々の新聞などの報道や、書籍出版物からの情報、あるいは街の姿、日常生活や子どもたちを見て思うこと、また、日本のまちがった教育方針について、私なりにどうすべきか、考えることなどを展開したいと思います。

もちろん、私たちの出版社「ほんの木」の『子どもたちの幸せな未来』シリーズの中から、子育て、教育の中でお役に立つネタをできるだけ、ふりまいてみたいと思っています。
皆様のご意見や感想などをお待ちします。

柴田敬三の「世直しブログ」でおつき合いいただいた方もこちらにどうぞお越し下さい。
[PR]
by alternative-edu | 2005-10-19 22:50