教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.62 ―北海道伊達市「ひびきの村」滞在記―

e0086848_1122592.jpg少し前の話ですが、5月14日~17日、大村祐子さん代表のひびきの村のミカエルカレッジに出前授業に行きました。

5月13日(土)に札幌に入り、昨年8月8日に急逝した親友、山本武彦君の自宅の仏前で、「おい、元気でやってるか!」と線香をあげに行ってきました。私がお嫁さん、節子さんを紹介し、仲人をやった仲であり、かつ、大学時代に同じ「かつらぎスキークラブ」という日光湯元スキー場で同じ釜の飯を食ってきた親友でしたから、今も寂しさを引きずっています。2人のお嬢さんを交え、奥さんと4人でありし日の思い出をしのびました。この親友の奥さん、節子さんの手料理、うまい!プロ!絶品の数々、酒が進んじゃいました。
とにかく、酒好きの山本君が仕事を終えると、夕方、すっとんで家に帰り、毎日ふたりで晩酌をしていたという話が、よくわかりました。家族3人はしっかり立ち直っていましたから、少し安心をし、その晩は札幌市内の温泉付き低価格のパックツアーホテルに泊まり、翌14日に札幌から伊達へ移動しました。

それにしても、この函館本線に、こんな何十回も乗るとは・・・。
生前まだ元気だった頃の父(22年前に故人)と、今98歳の母と3歳の長女を連れ、その後、1994年10月20日に亡くなった、これも親友の岡田正嗣君と、札幌の山本君を交え、父がゴルフの相手をしてもらいました。もう24~5年前のことでしょうか。

その時、母と娘を連れ、一足先に札幌から、この函館本線でその日の皆の宿である登別温泉に向かったのが思い出されます。岡田君、山本君共、その「かつらぎスキークラブ」の仲間でした。札幌では、山本君の親父さんも小樽からかけつけてくれて、一晩大いにもりあがったことも記憶にあります。

あれから、山本君のお父さん、私の父、岡田君、山本君。皆現世に別れを告げてしまいました。岡田君は当時49歳、山本君は61歳。若すぎる別れです。

ふたりとも、自分の会社をやっていた経営者、たぐいまれな人格者でした。私のような小心者と違い、スケールの大きな仕事をふたりともやってました。あふれんばかりの才能のある、気配りの天才でした。従業員や仕事先に気遣いすぎて、ストレスが強かったのでしょうか。今、私が少しだけ安心しているのは、残された家族が皆、しっかりと生活し、笑顔を取り戻したことです。でも、人生ってむなしいですね。いい人間は先に行く・・・。

で、その函館本線の特急、北斗で、苫小牧、登別を過ぎ、東室蘭の次が、伊達紋別です。右手に広がる山々の裾野と緑の風景、左に内浦湾の海が広がり、弧を描いた海岸線の向こうに、はるか函館の駒ケ岳が、美しい稜線を見せます。いつ来ても心なごむ函館本線の風景です。(なかなか、ひびきの村のことに、たどり着かなくてすみません)

北海道の湘南といわれ、比較的暖かい伊達紋別は、まだ桜が咲いていました。札幌も最後のお花見のような季節でしたが、今年はかなり雪が多く、寒い日が続いたようです。

梅、スイセン、レンギョウ、チュリーップ、モクレン、それに桜。一斉に花が咲き乱れ、美しい景色があちこちに見られます。

e0086848_1125192.jpgミカエル・カレッジは伊達市郊外の、有珠山と昭和新山が間近に迫る、高台にあります。農場(シュタイナー農法)、牧場(馬2頭)、オイリュトミーホール、サイエンス棟、教室、オフィス、レストラン&カフェのある本棟、それにスタッフや受講生の宿泊するロッジ風の宿舎が散在し、またキャンプ場もあります。

数万坪の高原状の緑の原野の中に、それらが点在しています。
ある、大村さんの活動を支援する企業経営者が私財を投入して土地を取得し、建物を揃え、ひびきの村に貸してくれているのです。
日本で初めてのシュタイナー思想の共同体が、ここにしっかり根付いて、存在しています。
いつ来ても、おだやかで温かな人々の笑顔があり、ゆったりとした時間の流れる場所がここにあります。

e0086848_1145319.jpgシュタイナー思想の共同体といっても、宗教じゃありませんから、堅苦しい空気は全くありません。また、共同体といっても、ほぼ全面、そこにいる人の自由で生活しているため、トイレや部屋の掃除、キッチンの仕事や農場経営、月~金の授業と、土日にある、イベント等を除くと、ボーっと山々や海や景色をながめていたくなる毎日です。

私の今回の授業とは、ミカエルカレッジ、ここで行われているシュタイナー思想の学びの場「自然と芸術と人智学のコース」及び「シュタイナー教員養成コース」(2年)で、日本の政治や社会、世界と日本についてレクチャーすることでした。

この2つのコースは、1~2年、この伊達市に住んで学ぶ、いわば大人の大学のような所です。上は62歳の方から、下は19歳の方まで、17人ぐらいいます。ほとんどが20代の人たちです。
元教師の方々、NGOでアフガニスタンに2年半いた男性、海外で長い間働いていた女性など、多士済済です。

豊富な人生経験をもつ人たちの学びの場が「ミカエルカレッジ」です。大村祐子さんは、全体の母のような人。代表者として、講師として、忙しい毎日を送っています。

私は、ほんの木で大村さんの本を23冊出版した仲でもあり、また、1998年から、まだ組織も小さく、長屋のような所でスタートした「ひびきの村」の初期の頃からのお付き合いもあり、まるでスタッフの一人のように、皆さんが対応してくれます。ありがたい、第二の故郷のようなところです。

5月15日~17日、午後2コマ、午後1コマ、計8コマの他、特別にひびきの村スタッフだけの、「経営向上、企画会議」を1時間やりました。資金不足で運営が大変だからです。大村さんの単行本と、3期18冊(3年間)続いた、シュタイナーを学ぶ通信講座がそこそこ全国に浸透して、大村さんの元に、多くの人生を見つめ直したり、シュタイナーを学びたい人々がやってきました。

が、スタッフがふえれば、生活の糧も増えます。より長期的に、ひびきの村の土地や建物を使った事業性も必要となります。皆、ひびきの村の人たちは、金銭欲がありません。従って、私が「世の中に役立つことをしてお金を稼ぐ方法」を考えよう、というワークショップをやった次第です。(皆さん、あまり役に立てなくてすみませんでした)

17人の受講生へのレクチャーは、楽しかったです。同時に、難しかった、というのも正直な感想でした。
テーマが広く、深い。全体の関連性を、わかるように説明してゆく必要があるからあるからです。恐らく、単行本5~6冊分の中身を、自分流にアレンジして、お話ししてきたという感じです。早口で、盛り沢山で、消化不良起こしませんでしたか?皆さん。

最後に全員に宿題を出しました。
題して「私の住みたい日本」です。さて、どんな理想の姿が皆さんから来るか、多いに楽しみです。
本当に、日の丸君が代の強制も、愛国心、伝統・文化の強要もない、競争のない教育の現場って、いいですよね。こういうミカエルカレッジで学び、教師になった人って、生徒にとって楽しいでしょうね。シュタイナー教育の持つ力がもっと広がることを願わずにいられません。

この3泊4日の間に、5月15日(月)授業後、下山時、5月16日朝登りの時、街にある泊まっていたホテルから、歩いてミカエルカレッジに行き来しました。毎年、この出前授業の時にトライアルしている、私だけの単独行事です。

田園風景の中を、約1時間半、登り降りしました。
車社会のため、歩いている人は全くいません。
でも、歩くと色々なものが見えるのです。
(小学生が朝歩いていました)

e0086848_113422.jpg小さな神社のような祠が2つあって、「きっと開拓した農民たちが、作って祭ったんだろうなあ」と感じます。牛が、馬が、あちこちにいます。
「熊に注意」の看板もあります。ミカエルカレッジのすぐ隣にです。
タラの芽があります。ふきのとうは、もう花になり葉に変わってます。
つくしはあっちこっちにぐんぐん背を伸ばしています。

川が色んな所に流れていて、みんな、アイヌ語の名前です。

鳥のさえずりがとにかくあちらこちらから聞こえます。

このブログをお読みの皆さん、一度ぜひこの「ひびきの村」ミカエルカレッジに行って見てください。心が洗われ、ストレスがなくなり、最高です。定年の方、来し方、行く方を省みるのにもいい所です。

で、そんな里山の風景を楽しむには、歩くのが最適なのです。
受講生は歩いたことがないらしく(自転車で行き来している男性が何人かいますが)、私が歩いてきたというと、少々びっくりしていました。(なんでそんなことやるの?という感じ?)

で、今回、下の街からミカエルカレッジまで、登りで1時間20分を記録。私にとっての最高記録が出ました。あと5分は短縮できそうです。

5月17日、アメリカから来ている、世界的に有名なミロのビーナスのようなオイリュトミスト、ヘルガさんの誕生会があり、私は5月18日生まれでしたのでついでに私の分のケーキもスタッフが作ってくれて、久しぶりにロウソクの灯を消しました。願いごとは、「世界が平和で幸せになりますように」と祈りました。

夜、スタッフの一人、野田さん宅の庭で、バーベキューをしてくれたり、花見をしたり、写真をとったり町民用の温泉、伊達温泉にも1回、露天風呂を楽しみにつれていってもらい、新鮮なネタで有名な回転寿司にも出かけ、私の望んだプランニングは晴天にも恵まれすべて完了した次第です。全く、生命の洗濯の日々でした。

うーん、今年の6月6日は、ほんの木20周年の誕生日。ほんの木全員で一度、ひびきの村、エンジョイ・ツアーに来たいなあ、と強く思いつつ、17日、山を降り東京に戻りました。

ひびきの村の皆さん、受講生の皆さん、大村さん、お世話になりました!長いブログですみません!


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-05-30 19:43 | シュタイナー教育

No.61 愛国心の通知表評価に意義あり!

毎日新聞も朝日新聞にも、この記事が。
学校現場は、「指導要領通り」に、子どもの内心の自由を侵してまで、国を愛する心情を育てることに必死のようです。

国会で、小泉首相は「愛国心があるかどうか、そんな評価はしない」と答弁したそうですが、これが首相退任後にはカラ念仏になることは、‘99年自民党の「日の丸君が代法」での「強制しない」という、故小渕首相と野中官房長官の答弁が、東京都はじめ、いとも簡単にひっくり返され、強制されている現実が物語っています。
埼玉で52小学校、岩手、茨城など、愛国心の通知表評価は続々と増えているそうです。

いっそのこと、シュタイナー教育に日本全体を切り替えて、成績表なし、教科書なしにしてはどうですか? 小泉さん、シュタイナー教育にしちゃえば「愛国心の評価」、しなくてすみますよ。(気が楽ですよ。嘘つかなくてすみますよ)

日本の教育は、トランプじゃないですが、全とっかえでもしないと、永久に不毛な議論と時代に逆流、世界から孤立する非民主的教育へと沈没してゆくようで、本当に心配です。

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-05-30 10:12 | 日本の未来

No.60 「劣悪国家日本と愛国心」

まったくガックリというか、いやになる朝日新聞のアンケート結果が目にとまりました。
5月23日付、「愛国心」を教育基本法改訂に規定すべきという人が53%いたそうです。

「えっ!」というのが私の本音。アンビリーバブルです。
この国の平均値がこれだとしたら、確実に座標軸というか、良心の磁場が狂ってきたように思います。

私の磁場がすでに、爺場(じいば?)なのでしょうね。(笑えない??)
そのアンケート調査の中で、20代が43%対42%でわずかに反対が勝ってましたが、30代では賛否が46%対39%、40代50%対35%、50代57%対26%、60代69%対19%、70歳以上は73%対14%です。

つまり、年齢が上に上がるほど「愛国心」を教育基本法に入れるべき、となるのです。(悲しいですね)

そんなに皆、この国を愛してるんでしょうか?
愛すべき部分は一体何なのでしょうか? 
もしかして、これだからこそ、多くの事件や汚職が後から後から出てくるのではないでしょうか? つまり、年上ほど自分の座標軸がないのでは? 子どもを育てる軸がなかった。悪いことでも皆でやるから怖くない、と。

競争、格差、差別、勝ち組負け組、財政放漫でもはや破綻。談合、汚職は大企業を中心にあとを断たず、ライブドアのような事件や耐震偽装問題もありました。その上、役人、官僚は私腹をこやして税金の分配して、その金で天下りのオンパレード。

環境が悪くなろうが、人が事故ろうが、車、車、車の道路。車メーカーや銀行は、リストラや低金利で大もうけです。

全国各地で子どもの殺されない日がない毎日。親が子をいじめ、子が親を殺すこともあります。

「愛国心」を教育の中に導入すれば、こうした日本の悪しき現実が清流のようになるのでしょうか。全く、なさけない論理です。あり得ませんよね。原因は別にあります。

私は本当に、いやになります。この「日本」という国。
そして、愛国心を、規定せよと考える56%の人々。

もっと気持ちよく生きていきたい私ですが、この日本にはどうやらそろそろ、私の住む場所が少なくなりそうです。

せめて思想、信条の自由だけは奪われないよう、「競争のない教育と子育て」ブログと「世直しブログ」で書きつづけます。
(あっ、またやっちゃった、グチ、ボヤキ、怒りのたれ流しブログ?!)



ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-05-24 18:43 | 最近のニュースから

No.59 「親も子も、何かが変? なぜ?」

―豊かさと便利さが、人間の心を破壊している?―

いや~、教育ブログ、なかなか書けず、すみません。
今、『幸せを奪われた「働き蜂国家」日本』という本を特急で読んでます。
ベンジャミン・フルフォードさんと、カレン・ヴァン・ウォルフレンさんの共著です(徳間書店)。(それと、中丸薫さん著「この国を支配/管理する者たち」(徳間書店)これも強力。)

中身は、日本のおかしさ、異常事態の背景探しの本です。
読んでいて、自分の日本への見方が、このお三人と共通すぎるのが、安心というか、不思議です。世界の目で見ると、完全に日本は異質な国になり切っちゃいましたね。

で、これ読んだあとに3冊、教育関連本が控えています。
①「フリーター漂流」 松宮健一さん著(旬報社)
 NHKスペシャルの制作ディレクターをしている人の本です。(これ、すぐ読めます。フリーターの人々の心情が伝わりました。

②「8歳で脳は決まる!」子どもを救う父親の力
 平山諭さん著(河出書房新社)
臨床発達心理士の本。脳科学を活用した子育てスキルの専門家の人です。

③「父親力で子どもを伸ばせ!」清水克彦さん著(子供の未来社寺子屋新書)
 文化放送プロデューサーの人の本です。

当社ほんの木刊「子どもたちの幸せな未来」シリーズ3期1号が「共働きの子育て、父親の子育て」でしたが、もう少し、この「父親の力」を自分なりに理解し、今後の企画に役立てたいと勉強のつもりで買いました。

残り2冊読んだら、何かブログに書きますね。

でもその前に、教育のことで気づいた話が見つかったらポツポツ書きたいと思っています。

親が子を、子が親を殺す事件が、後を断ちません。
せめて、もっと何とかならなかったのか。どうして家庭が壊れてしまったケースが、こんなにも多いのか。

何が原因か。でも想像はつきます。

今、当社、ほんの木から熱帯森林保護団体代表の南研子さんの単行本第二弾を準備中です。(10月~11月刊予定)
アマゾンのインディオの世界には、人殺し、しかもこうした親が子を、子が親を殺すような事件はありえないと、インディオが南さんから日本の実情を聞いて、ひっくり返ったそうです。
つまり、共同体がしっかりしていて、物質文明が進んでない、貨幣経済もない社会には、共に助け合うことは日常でも、人と競うことはないということです。ヒントはこの辺じゃないでしょうか。むしろ、南さんによると、インディオ社会の方が民主主義が機能しているそうです。

また、8月上旬発行予定で、北海道ひびきの村代表の大村祐子さん著の新刊も進行中です。「子どもたちの幸せな未来」シリーズ4期⑥号の本です。
大村さんの今度のテーマは「子育てとお話しの力」つまり、叱ったりしつけたりするときにも、「お話」を使って子どもの心に必要なことを届けよう、という本です。家庭で多くのお父さん、お母さんに、活用してもらえる中身を、大村さんは締め切り目指して、お忙しい中、書いています。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-05-17 12:04 | 雑感

No.58 儒教精神の弊害と少子化

この所、ブログ書きへのエネルギーが鈍化しています。なぜか?
ウーン・・・初夏になって緑がまぶしくて気分がボーっとしている? あまりに不祥事が世の中に蔓延しすぎていて、どの問題から書くべきか、手につかない。この2点に集約されそうです。

でも、私の教育&社会的な問題発見能力とそれへの咀嚼力が欠如している、のが最大の理由かもしれません。

さて、4月28日(金)の毎日新聞や朝日新聞。「教育、育児にお金がかかるので、子どもをもっとふやしたい人」が5カ国調査で日本最低、と出てました。

子どもをもっと増やしたい : 増やしたくない
日本→42.6% : 53.1%
韓国→43.7% : 52.5%
アメリカ→81.0% : 12.5%
フランス→69.3% : 22.6%
スウェーデン→81.1% : 11.0%

日本や韓国は、子育てや教育にお金がかかりすぎる、という理由が他国より多いとのこと。内閣府は、アメリカ、フランス、スウェーデンについて、子どもを増やしたい要因として、保育サービスの充実、税制優遇、子育てへの金銭支援を挙げています。

日本の(韓国も?)「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という点では(儒教型精神の子育て観について)、日本賛成57.1%、スウェーデンは8.6%。やっぱりですね。

男女の働き方の平等化、子育て・教育への税の優遇、保育の充実、子育ての金銭支援とともに、①大学まで教育費を無料にする。②教育の競争を公正と共生へ。塾や家庭教師のいらない社会に。③なにより子育て、教育にお金がかからない、0歳から少なくとも大学卒までの制度設計。④そして儒教的精神構造をこの国から一掃し、市民社会へと脱皮させることが最重点、と私は感じました。特に④が、日本、韓国、東アジアの足を引っ張っています。

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-05-08 14:48 | 最近のニュースから