教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

No.69 「女性を見る目」について

もう一度、ばななおやじさんへ

教育から離れちゃってすみません。
そうでしたか、カムイミンタラさんは女性だった! ばななさんとお知り合いだった!

「私の女性を見る目が確か…」とおっしゃった理由、発見しました。 カムイミンタラさんの活動状況、またぜひ教えて下さい。できることは支援いたします。

で、ここで書くのもなんですが、白状します。

私は編集者としてスタートした時、大勢の先輩女性編集者に育てられました。
彼女らから、「かわいい」という感覚を2~3年かけて教えてもらいました。
本来私はバリバリの体育会硬式野球部でしたので、男脳人間でした。
それが編集を始めて、女脳を植え付けられ、今日があります。
今や日本発「かわいい―KAWAII」は世界の文化だそうです。(本当かなあ?)

で、そんなことへの恩返しもあり、女性雑誌に長く関わり、中高生読者に学び、一方、昔から政治やジャーナリズムや教育に強い関心を持ってきました。

ほんの木になってから、中森明菜の本のヒットで基礎ができ、その後、「芳泉&長寿元」で阿久沢うめよさんというおばあさんに、次に大村祐子さんのシュタイナーの23冊の本、南研子さんの「アマゾン、インディオからの伝言」そしてはせくらみゆきさん、藤村亜紀さん、と多くの女性たちがほんの木を助けてくれました。経営が行き詰まると、救世主のようにエネルギーのある女性が現れます。

特にこの15年ぐらい、私は無名の女性を見つけて、世に出すのが大好きになりました。

特に日本の男女差別への怒りと不公正さへの私の気持ちがそうさせます。
私は何でもフェアであることが好きです。

同時に、世の中をよりよくしてくれる女性に、スポットライトを当て、多くの人々に認められ、その人が輝きながら大きく育つ。さらに力を得て、人々によりよい影響力を発揮するのを手伝う仕事が好きなのです。
ほんの木のビジネスは、それです。
私は単なる応援者、リヤカーの後押しをする人間です。汗を流す仕事が性に合ってますから。

私はジャーナリストでもなく、一介の出版人、編集者です。ただ、この仕事と私のささやかな存在を「良いこと」に使いたい。良いことを広げる力のある人のために使いたい。そういつも思っています。

従って、私の人を見る目はけっこう厳しいと思います。本が売れたり、少し有名になるとすっかり人が変わる、という人は、いくらベストセラーが出せそうでも私はやりません。

私を育ててくれた先輩や女性読者への恩返しと、公正な世の中、この2つが、私がどちらかというと、女性に目をかけている大きな理由です。
もう一つあるとしたら、女性が力を持つ社会は、平和で民主的だからです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-28 15:18 | 雑感

No.68  教育に競争はいらない!

読みました。


e0086848_9202115.jpg
古山明男さん著「変えよう!日本の学校システム」(平凡社)
―――教育に競争はいらない―――

同感です!

私塾、フリースクールをもとに、様々な子どもたちに心を寄せて地域で活動してきた古山さんならではの一冊です。
リヒテルズ直子さん(オランダ在住の教育研究家)推薦の本だけあって、わが意を得たりでした。

自分の中で、どうも、日本では単なる理想論か?と、もどかしく思っていた「競争と教育」の問題にストレートに切り込んでいます。

①日本の行き詰まった教育の崩壊は、システム全体の改革以外、解決しないこと
同感!
②文部科学省、教育委員会の根本的無責任システム
自民党あっての政府?
③北欧型、特にフィンランド型への転換の必要性
やっぱりですよね
④教育費無償化
全く同感!
⑤教育主権在民を確立すべき
なるほど

などが主たる要点ですが、いずれも、大きな日本の教育への構造改革を訴えており、多くの良心的な人に賛同してもらえる内容です。

私たちは、自分や我が子の教育の当事者でなくなると教育全体のあり方に対し、あまりに無頓着になりすぎるように思います。
でも、その毎日の教育の中から、日本や世界の将来の姿、平和か戦争か、公正か不公正か、という問題がどうにでも変化し得るはずです。

政治は一つです。
毎日の生活も、格差社会も、富む者が軽い税やルールに恵まれ、貧しい者が重税化する現実も、教育、環境、福祉も、皆、根は一つです。

古山さんの本は、そんな私たちが考えるべき教育システムへの問題提起をしてくれます。ぜひお読み下さい。



ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-27 09:18 | おすすめ本・本の紹介

No.67 「変えよう!日本の学校システム」

e0086848_9192793.jpgオランダ在住の、リヒテルズ直子さんから、「変えよう!日本の学校システム―教育に競争はいらない―」(古山明男さん著 平凡社刊)の紹介メールが入りました。

古山さんの本、しかも「教育に競争はいらない」というキャッチコピーの本。うなりました。
いいタイトル。古山さんとは昨年、法政大学の教室で行われた、リヒテルズさんの講演会で一度お会いしました。とても私がお会いしたかった人。私のブログと同じタイトル。教育に競争を持ち込むなというメッセージ。
さっそく購入し、今、読み始めました。
来週、私なりの書評をします。
リヒテルズさん、古山さん、ありがとうございます、いい本。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-19 17:08 | おすすめ本・本の紹介

No.66 「甘い私の考え方」への自覚と一寸の虫の辛さ

カムイミンタラ様

コメント、いつもありがとうございます。そうでしたか、もしかして、海外にいらっしゃる方かな、とも思いましたが、やっぱりですね。いつかお会いしましょう、お待ちしています。

愛国心のあり方、日本国憲法、教育基本法への考え方、想い、同感です。
しかし、私の政治的甘さに関しては、いかんともしがたく、このレベルが私そのものなのです。20歳すぎでした。何とか世の中よくしよう、自民党をまず崩壊させる。そののち、1票の格差を少なくとも1対1.5以内に政治制度を改革する。世襲政治をルールとして制限する。できれば根絶する。女性議員を増やす。政治資金を100%透明にする。首相を公選にする。などの制度から改革できないものかと感じていました。

以後、私の中では一貫して、公正で透明(公開)な民主主義を追いかけ、同時にメシを食って生活しながら、こうした問題に関われる仕事として出版社に入りました(小学館です)。10年間仕事に励み、編集技術を身に付け、独立し、6年間、プロダクションとして、大きな会社の下請けをやり、1986年に、小さな出版社「ほんの木」の設立にたどりつきました。
NGO、市民運動を応援し、社会の中で市民権を大きくしてゆけば、民主主義は必ず広がり、日本はよりよくなる、と、まさに甘い考えでいたのです(今もですが)。

が、その後、市民運動やNGO、良心的政治家、地方の市民派政治等に加わり、関わってきた現在、「日暮れて道遠し」の感が強まっています。全く、何も変わらない。

でも、あきらめたくはありません。この国で暮らしている以上。それで、少しでも民主主義を前へ、の思いが、私の民主党、仕方ないけど自民・公明より「よりまし」政権論であり、一方、緑の党や市民政治の結集を志す人々への応援も、続けています。
例えば、中村敦夫さんの主宰した「みどりの会議」の流れを引き継ぐ若い人々の一部は、私たちと同じ三錦ビルにおり、昨夜も1Fの「オルタナティブスペースPAN」で会議をやっていました。
私たちの借りている小さな倉庫で、今も「みどりの会議」時代の会議テーブルや椅子、旗ざおなどを預かっています。いつか若い彼らが、立ち上がる日に使うこともあるだろうと想定してです。こうした物品の収納は「ほんの木」のメンバーでやりました。

こんなことは、別に世界全体、社会全体からみて、ほんの小さなことです。
が、私には世界全部と関わったり、日本全体の市民派と関わる力も時間もお金もありません。ほんの木の、ささやかですが、毎日の仕事、経営体力向上の努力が、日常最大の努めです。私もですが、スタッフの家族もあり、借金もあり、本が年々売れずの現実があります。私たちは、日銭をあくせく毎日働いて、稼ぎ食いつづけてきました。どうしても仕事に厳しくウエイトをかけると、日本の市民政治改革への参加に甘さが出ます。

カムイミンタラさん、その辺は、どの市民運動、NGO、市民政治、平和運動を行っている人たちにも多少共通しているかと思います。皆、食うことと運動で一杯一杯だと思います。皆、一寸の虫なのです。

昔、学生運動をバリバリやり、その後、志を曲げずに全国で「サヨク」といわれる活動をしている一部の良心的な人たちとも、10年続いた「ACT」という市民新聞をとおして、おつきあいをしました。「ACT」の赤字を何とか黒字継続しようと、私が最後の2年間の経営を引き受けましたが、赤字解消が成せず、この3月末で休刊にしました。彼らの情熱、曲げずにきた志、社会的な正義に共感して、私なりの応援をしたつもりでしたが。何かが違いました。中身か? マーケットがもはや日本にないのか?

それとデモですが、今回の「イラク戦争反対」では、開戦時、日本でも日比谷公園に4万人近くが反対のために集まりました。今年の3月は3000人ぐらいに減りましたが、私もデモ行進の中の一人として歩きました。が、こうした行動ぐらいでは全く何も変わらない、という点は残念です。また、海外の数万、数十万のデモやフランスの若者などの運動力に比べ日本は弱いです。それでも1991年の湾岸戦争の時は東京の代々木公園の反対集会は2回とも、約1000人でした。それはそれはさびしいものでした。それに比べると、今は少しエネルギーが大きくなっています。インターネットのおかげかもしれません。マスメディアは、事前に集会やデモの予告はしてくれませんから。

大手マスコミ、政治、教育。つきつめてこの3点を市民の手に奪取することが最小限のスタートだと私は考えています。が、大手マスコミは、豊かな収入に志を忘れ、政府寄り。政治は「よりまし」政権すら至難の現実です。教育、どうでしょうか、変えられますか? 自民党と文部科学省の政策? 競争のない教育など遠い遠い国の、夢のような話です。毎日大変な子どもたちと一生懸命やっている先生方に同情するしかありません。つらい日本ですね。カムイミンタラさん、前向きにまたブログでディスカッションしましょう。お元気で。

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-14 15:43

No.65 「子どもたちの幸せな未来」はどこにある?

痛ましすぎる、小さな子どもたちへの事件が、あとを断ちません。
一方で、少子化を叫びながら、一体全体、世の中どう変わってゆくのでしょうか。
どこをどう正せば、これらの悲惨な親が子を危め、子が親を殺し、見知らぬ人に小さな子が連れ去られたり、クラスメイトに切り付けられたり、マンションのような、高い所から落とされたりすることが日常のニュースに出なくなるのでしょうか。

大人は誰もこの解答を示しません。ただ、事件の報道があり、皆、眉をひそめ、自分の子でなかったことに胸をなでおろして、同情するだけです。

かくいう私も、一体何をどうしたら、少しでもこうした事件がなくなるのか、考えれば考える程、途方にくれます。何もできないもどかしさにいやになります。出版をしても、ブログを書いても、何も事態は改善しません。

①「子どもたちの幸せな未来」を願って2002年から始めた、このタイトルの本のシリーズ。その前に1999年から3年間に渡って、シュタイナーの家庭教育を多くのお母さん方に、と思い、通信講座というスタイルで作った北海道ひびきの村代表、大村祐子さん著の、②「シュタイナー教育に学ぶ通信講座」シリーズ。少しでも広がればと全力で作りました。①は今も続行中です。が、焼け石に水です。

数千人の読者へのアピールだけでは、全く、なんともしょうがないのでしょうか。本を読み、右脳と左脳を使って思考できる人が減っています。本を読む人がどんどん減り、テレビやビデオ、ゲームのようなメディアが大繁盛。便利で考えなくても楽しめるからです。
その上に、ケイタイメールやパソコンの普及で、人のコミュニケーション能力のあり方が大きく変化しています。性の異常な形での広がりや商品化も、テレビやメディア、メールなどの普及と車社会、移動の自由化、高速化に相関しています。

お金さえあれば何でも手に入り、どこにでも行けて、CO2をまきちらし、事故の絶えない車社会が全盛です。スピード、快適さ、利便性では歩いたり、自転車だったり、鉄道に頼る時代に比べ、圧倒的に「豊か」になりました。その代わり、豊かさと引き換えに私たちは、多くのものを失っています。

そしてこの世界は、もう誰にも答えや解決策が見出せない、何が起こるかわからない、弱い子どもたちすら平和すら保証されず、事件から生命を守ることのできない社会になっています。実の親に見離された子どもたちも、たくさんいます。たとえ、親子が一緒に住んでいてもです。子どもは一人で生きられません。

子どもを生み、まっとうにその生まれた子の未来の幸せを願って全力で子のために育てあげるという、種の本能すら人間は失ってしまうのでしょうか。親の役目とか資格以前に、なぜ子を生むのか、という認識すらない親が増えているように思えます。

ということは、その親の親も、我が子に、どういう家庭教育をしたのか? が問われるはずです。(次号「子どもたちの幸せな未来」シリーズは、『親だからできる5つの家庭教育』です。社会の危険から少しでも子どもを守ろう、という本です)
テレビがいつから普及したのか? 車社会はいつから発展したのか。なぜ拝金主義やマネーゲーム全盛時代になったのか。誰も、事件と文明とを関連づけません。
科学者は、エビデンス(証拠、根拠)が完全でない限り、因果関係を明示しません。推定無罪。疑わしきは罰せず、です。でも、何十年かたって、実は有罪でしたと科学者に立証されても、戻ってこないものがあります。水俣病もそうでした。

私は科学者ではないので許して下さい。人命や人権や環境に関しては、推定有罪、疑わしきはやめよ、と言いたいのです。金儲け主義に水をさして言うのではありません。活字を読まない社会になったことと、競争、金儲け、テレビと広告、物質商業主義、拝金社会、そして車の利便性による何でも楽することが当たり前の社会の出現が、大きな転換点だと思っています。脳科学者も、「便利で楽」をすると、人間はサル化する、と言っています。そして、失ったものを、まだ気付いていない、気付きたくない私たちがいます。

気付いていても、気付かぬふり、なぜなら、自分が不便に逆戻りしたくない。

子どもの生命、地域の自然、平和で安心した暮らしのみならず、この地球と人類というかけがえのない存在まで私たちの本能と欲望がおびやかし続けています。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-13 13:45 | 最近のニュースから

No.64 「心を病む教師」が本当の心のある教師、だと思います

私のこのブログにコメントを頂いた、30数年教員をやっていらっしゃる、「カムイミンタラ」さん。ありがとうございます。本当に、どうしたらいいのでしょうか、日本の教育の状況を。
好き勝手なことを書いているこの私も、実は個々の具体的解決手段は見えないのです。申し訳ありません。

あまり役に立たないアイデアですが、例えばこんな方法、どうでしょうか?
①自分たちのメディアを持つ。仲間と交代で書く「教育どうしよう?」ブログ。
書き手がどんどん増えてもいいと思います。特に、子を持つ親に広めませんか。

②自分のメッセージ、教育への直言を、気に入った議員に届けるという方法もあります。
FAXする? 手紙書く? きっと心ある議員なら自分で読みます。どんな議員がいいのか?について個人的私観ですが、
<民主党>
福山哲郎参議院議員(京都選出)…人間性で。
金田誠一衆議院議員(北海道)…色々評判よし。
馬渕澄夫衆議院議員(奈良)…この人、耐震偽装で頑張りました。5人の子どもがいる苦労人。

やはり、政権交代を期待するなら民主党の議員に届けたいですね。
福山さんは、イチ押しです。人柄と誠実さで。

<社民党>
保坂展人衆議院議員(東京)…教育の専門家です。
辻元清美衆議院議員(大阪)…もう1回、力量期待。
阿部知子衆議院議員(神奈川)…小児科医。誠実。

あたりかなあ? 社民党は、野党が民主党を中心に連立政権となれば、政策を反映できるはずです。

③政党を作る。教育を改革する政党。国政選挙に打って出るために。来年の参院選、東京と千葉は1名定員増です。特に日の丸君が代のしめつけ強い東京で声をあげるという方法も。石原都政を徹底的にたたく!

④ウーン、何かないか? 影響力を発揮できること!
皆で資金集めて、本1冊出しませんか?
全員匿名でOK。何十人かが、教育の現場からの声を具体的に訴える。より多くの市民に伝える。文部科学省の誤りから、校長問題、「教員免許更新問題」や、日の丸君が代の圧力強制、生徒たちの実情と家庭教育の不在、テレビやビデオ、ゲーム、ネット、メール等の現実。などなど→ウーン、これは「ほんの木」の手前勝手すぎますか?

⑤もう一つ、もしかしてできれば…ですが。
市民&グリーンなオルタナティブ新聞をフリー(無料)で作ろうかな、という思いも、ふつふつ湧いています。
特にこの「競争のない教育と子育てのブログ」を開始してから。
エコロジー、環境、食、教育、自然治癒力、健康、食育、社会、経済、性jいなどの重要情報を集めた新聞です。もしスタートさせられたら、是非協力して下さい。
会員制で支え(広告も取りたいですが)会員が知人友人、店などに配り、置いてもらうやり方です。今、検討中です。こういう所に「教師」の声、さりげなく、毎号のせられたらいいですね。

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-09 12:18

No.63 子どもの事件、多すぎる! 痛ましすぎる!

子どもの痛ましい事件、どうしてこんなに起きるのでしょう?

2005年度に151件の子どもへの殺人事件があり、1384件の、13歳以下の強制わいせつ事件が発生しています。
子どもの殺人は、2.5日に1件です。
わいせつは、1日3.8件。 日本のどこかで毎日、こういう卑劣な、非人間的行為が行われているのです。

なんでこうなるんでしょう。
人の心が、どうして病んでいるのでしょう?

子どもは無邪気で、無力です。大人を、未来を、信じています。

また、家庭内虐待も増えているように思えます。小さな子どもの未来を抹殺する大人の行為に憤りと深い悲しみ、自分の無力を感じます。

「子どもたちの幸せな未来」という、0~7歳児を持つ親向けの本を4年間出版してきましたが、全く無力です。
せめてこの本を読んだ方は、あなたの場所で、この本の中身を回りの親に発信して下さい。コピーしてお使いください。
今、私たち「ほんの木」がやれることは、これだけかもしれません。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-06-03 10:43 | 最近のニュースから