教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No.74 萩本欽一さん、涙の決断!

お笑いタレントの山本ナントカ?(吉本興業の人、名前忘れた)の淫行で、彼が所属していた「茨城ゴールデンゴールズ」を、オーナー兼監督の萩本欽一さんが解散することになりました。

私はかつて、芸能界の取材をしていた7年半の中で、大変に印象に残ったタレントさんの一人が、この萩本さんでした。

いつか忘れましたが、約30年ほど前、独身時代、市ヶ谷河田町にあったフジテレビの前の喫茶店で取材をしました。
この時、まず約20分ぐらい、番組が遅くなり(芸能界で「押してしまった」という)、取材時間に遅れてきた萩本さん。着くや否や、とにかく頭を下げて「すみません」とあやまるのです。

大いに売れていた時代です。まずびっくりしました。

次に取材が終わって、雑談になり、心に残る3つのことを言われました。
今でもよく覚えています。

1つは「人間、男は3つのことのうち、1つでもうまく行っていたら、よしとしなさい。1つはお金、2つは女性、3つめは仕事。3つを全部求めちゃダメだよ」といわれました。

以来、(私はどれか一つが女性より、健康か家庭というほうがマッチしていると思うのですが、)一つでもうまくいっていたらラッキー、と思うようにしています。こう考えるととても心が楽になります。例えお金がなくとも。

2つめは「今うまくいってるタレントは、僕は使わないんだ。今、不遇にいる人を使うんだよ。すると人間一度は必ず浮上するから、運を待ってるとその人は必ず人気が出るはず」という話でした。非常に人間にフェアな人だと感じましたが、これも人を育てる視点で、大切に私の心の中で生きています。

3つめは、「君とは又、いつかどこかできっと会うような気がする。もし君が政治の世界で何かやりたいと思ったら、必ず僕の所に来てごらん。僕は応援するよ
ということでした。
3つめは、別に私が政治家になろうとしてませんので、萩本さんの所へ行っていませんが、もし市民派や緑のグループが日本で「緑の党」を作ろう、となったら、そういう人たちが萩本さんの所に顔を出してもいいのかなあ、と時々思うこともあります。

そういう人です、萩本さんは。たった1回の初めての取材の時に、こういう心に響くを話してくれるのです。
萩本さんのツメのアカを、煎じて飲んでください、山本ナントカという人よ!

で、吉本興業、お笑いでお金をもうけるタレントたち。テレビはこういう笑わせや、バラエティ番組で、視聴率をかせぎ、企業の広告で大もうけしています。
そして、タレントとしてテレビに出ると、有名になったことにうつつを抜かし、人格、人間性を忘れ、何でも好き勝手に生きるようになりがちです。
人を笑わせればもうかる。有名になる。こうした人間しか指導できないなら、吉本興業はそういう仕事やめたらどうですか。テレビから撤退! 日本の民主主義の害といえませんか? テレビを金儲けのみのメディアにして、より良い社会は遠のいています。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-07-22 10:55 | 最近のニュースから

No.73 札幌のスコーレ・ユウと金興一さん

札幌に、スコーレ・ユウというオルタナティブな塾があります。
TEL 011-791-5770

金與一(Kim Heung Il)さんというオルタナティブ派の教育者が、それこそ手作りで創り上げ、長い間地域の子どもたちを教えてきた塾です。

この金さんは、20年以上前、イギリスのフリースクール「サマーヒル」と「キルクハンティ」という2つの学校を見て、「国家とは何だろう」「教師とは何だろう」という原点から多くを学び、地域教育を作っていった方です。

数年前に、塾を訪ね、親しく情報交換をさせていただきました。以来、色々、スコーレ・ユウ制作のブックレットや、研究成果を送っていただいています。

今回、オーストラリアのシュタイナー学校を訪問した冊子、「マウントパーカー校訪問記」が送られてきました。
美しいその学校の写真と、感動的な体験記が綴られています。

ほんの木で、私はいつか、小学生版の「子どもたちの幸せな未来」を発行したい、そして競争のない教育をベースとする日本を夢見ていますので、金さんに色々学びたいなあ、と思わず共感しました。7月22日夜、お会いします。札幌で。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-07-22 10:54 | オルタナティブ教育

No.72  「愛国心より、若者の未来に希望を!」に私も賛成!

朝日新聞(7月12日)私の視点で、帝京大学教授の遠藤誉さんが、気になる内容の投稿をしていました。

‘01年末に、日・中・韓3カ国の中学3年生2000人を対象に意識調査を行った結果、「自国への誇り」に関する調査が、ご本人の本意に反し、一部愛国心教育推進論者を元気づけてしまった、という内容です。

「だから日本も愛国心教育」という方向へミスリードされたようで、この独り歩きが誤りであるとのお考えと思われます。(利用された?のでしょうね)

あくまで「将来に希望を持つ」若者は「自国に誇りを持つ」というアンケート結果の関連性を示そうとしたところ、「自国の誇り」を最も持たない日本の若者の部分を「将来に希望をもっていない日本の若者」の部分をそっくりカットして逆用されたのだそうです。

つまり「未来に希望のある国」を作ることができない日本の偽政者に、愛国心教育を法制化させるのは危険であり、国民に愛される国でありたいなら、若者に生きがいと希望を与える社会こそつくられるべき、ということが遠藤さんの結論なのです。

データ悪用で、愛国心を教育に導入すればことが済む、ニートやフリーターなどの雇用面、働き方、不登校、引きこもりといった学校拒否がなくなる、と考える保守的で無能な政治家、官僚に牛耳られる日本。本当に悲しくなります。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-07-18 15:50 | 最近のニュースから

No.71 匿名の方へ レイモンドY・大谷さんについての私のメッセージ

先日、どなたか匿名の方から、私がこのブログの中で書いた日系アメリカ人、故・レイモンド・ヨシテル大谷さんのことで、彼がネットワーク販売の企業にからんでおり、とんでもない人物と思われるとの投稿がありました。

ほんの木で大谷さんは2冊本を出しています。
①「日本の大学はやめなさい」(1990年1月31日刊)
②「FAZで日本経済は立ち直る」(1993年11月15日刊)
の2冊です。
ご本人との人間関係作りから、一式すべての編集担当は私がやりました。

恐らく②のFAZの本に関連し、FAZ(フォーリン・アクセス・ゾーン)が、日本の経済を再生していないという所が、私どもの出版の是非を問う形で、投稿に書かれているようです。

どうぞ「FAZで日本経済は立ち直る」をお読み下さい。
世界の「フリー・トレード・ゾーン」(日本はこれをフォーリン・アクセス・ゾーンと改名し、規模や仕組みを制限した)の内容とは何か、という経済特区への解説書であることがおわかりになるはずです。
この匿名の方の言は、その後、恐らく数年あとにどこか別の出版社で出された、大谷さんの同様のタイトルの本と混同されているのではないか、と思うのです。確かそっちは、沖縄のFAZが描かれていると思います(忘れましたが)。

現に1996年からの橋本内閣で「フリー、フェア、グローバル」宣言が出され、今日につながっているのはご承知のとおりです。
今のグローバリゼーションが公正か否かについては、私も異論があります。
が、「フリー」で「フェア」でなければ「グローバル化すべきでない」という立場で考えれば私は、フリーでなく、フェアでない形での、日本的鎖国経済は今日の世界では不可能と考えます。(もちろん、世界がすべて鎖国すればその方がエコロジカルで、万歳ですが)

ということも含め、大谷さんとはフェアに私はおつきあいしました。
私どもの出版のあと、大谷さんがどのような人生を送られたかについては、申し訳ありませんが、分かりません。クリスマスカードや、時折のFAX、手紙のやりとり程度でした。

一昨年お亡くなりになったのを、かなり経って知りました。
私の中で大谷さんは、戦後間もない時代に、勇気とチャレンジ精神を持って、アメリカ大陸にいわば入植した人です。
アメリカ国籍をとったことも含め、アメリカ民主主義について①「日本の大学はやめなさい」に詳しく書かれています。
5~6人、週末にカフェに集まる人たちをみて「あ、これで全員揃ったな」といったほど、本当にニューヨークといえど、日本人が少なかったそうです。

立花隆氏が、ルポライター時代、月刊文春で大谷さんの「日本人実業家がアメリカで活躍し、成功している」という記事を書いています。

また、アメリカ国籍をとり、3人のお嬢さんを育て、ニューヨークのロータリークラブ日系人第一号会員だった話も聞きました。

私の中で故大谷さんは、チャレンジャーでした。おもしろい親父のような人でした。
ウィットに富み、政治家(自民党)から実業家、思想家、学者など、よく知ってました。幅広い人間関係が日本にもあることをよく聞きました。

FAZの件では、FAZの日本の第一人者、現法政大学総長が教授時代、大谷さんと私と3人でランチをごちそうになったこともあります。

私の大谷さんとの仕事は1993年の本で終了していますが、人間的に本当に魅力のある日系アメリカ人でした。いつかニューヨークにいったら墓参りしたい人です。

匿名の方、もしよろしかったら、フェアに、お名前、ご連絡先をメールアドレスでなく、お電話番号、ご住所で教えていただけませんか。何かあればそこで私の考えを述べたいと思います。私は、メール上の匿名記事はあまりすきではありません。
特に、私と意見の異なる問題でのやりとり、応酬は不毛で疲れて、ほかのこのブログを読んでくださる方々に無用な誤解や疑問すら抱かせかねません。

フリー、フェア&レスポンシブル、これは私のブログ、メールに対する基本姿勢です。
私は従って、一切、匿名では発言、発信しません。どうかご了承下さい。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-07-18 15:49

No.70 「子どもが変わる魔法のおはなし」のお話

北海道伊達市にある、シュタイナー思想を生きる共同体「ひびきの村」代表、大村祐子さんの新しい本を今、進行中です。
子どもたちの幸せな未来ブックス6「子どもが変わる魔法のおはなし」がそれです。

原稿を印刷所に入れました。次にカバーとタイトル、オビのコピー決めです。これが一番悩む所。
かれこれ10日間ぐらい、都合50本ぐらいのタイトルを考えてはFAXし、ようやく決まりました。

実は昨日、「家庭でできる魔法のおはなし子育て」で決定したのでしたが、今朝、営業担当のほんの木スタッフ、岡田さんが「子どもが変わる魔法のおはなし子育て」のほうがよいのでは?と提案があり、大村さんも大賛成。さらにさらに昼過ぎ、大村さんから「子どもが変わる魔法のおはなし」の方が短くてゴロが良い、と「ひびきの村」のスタッフ皆が言っているという電話が入りました。
ウーン、なるほど。タイトルも短くなったしこれで行くか!

そうなのです、こうやって2転、3転して、ようやく決まります。(題して「タイトル・マッチ」)
タイトルを補強するオビのコピーは、その後に考え決めます。

本は7月20日過ぎに上げようと急ピッチ。7月21日からのひびきの村恒例、夏のイベント「サマープログラム」の第1回に間に合うよう編集中です。子どもの心の栄養、ペダゴジカルストーリーの本です。お話しで子育て、この本はとても読みやすくて役立ちます。


…シュタイナー教育の模擬授業」大村祐子さん著の増刷…

ついでにPRしちゃいます。すみません。

実は大村さんの単行本の一つ、「シュタイナー教育の模擬授業」という本を2001年に出版しました。これが2002年に重版になって、あれから4年、3刷りとなりました。

倉庫になくなってしまい、1000部刷ります。この編集作業も今、同時進行中です。

この本は、いわゆるシュタイナー幼稚園、小学校の授業風景を、模擬授業形式で、お母さんたちを中心に東京、大阪でスクーリングした、実録のレポート本です。

大村さんらと参加者との一問一答のやりとりに、子どもたちが教室でどんな気持ちで授業を受け、保育を味わっているのかが感じられ、真心が伝わってきます。

こういう後々まで残したくなる本って、大事ですよね。ひびきの村、大村さん、シュタイナー教育ならではの一冊です。

一方、ほんの木側は、これ案外大変なのです。

というのも、1000部刷ると、増刷、3刷、すごい!ように思えるのですが、本の紙代、印刷代、印税をすべて含めて消費税込約80万円くらいかかります。つまり、1冊800円。
本を書店に卸すと定価2200円だと、1冊1400円(卸し値)ぐらいですから、800円÷1400円=57%。つまり、570冊売れるとトントン。
1000部全部売れて60万円の利益。人件費、営業コスト、倉庫代、物流代ほかを引くと、例えば3~4年かけて1000冊売れてもプラスにはなりにくいのです。これが小さな出版社の現実です。

当社がコツコツ、出版を続け、この6月6日で創業から20年になりました。

が、オーガニック雑貨の通信販売を1992年から導入し、この仕事を持ったおかげで、ようやく今日にいたっているのです。本だけでは恐らく、倒産していたかもしれません。

良い本を少しでも息長く、必要な人々に買っていただくことをやってゆく、と同時に、スタッフが最低限、飯を食い、家族と暮らし、子どもたちを育て上げ、という誰もがそうする当たり前のことをやってゆくことはやはり大変だなあ、と実感します。

「増刷1万部!」みたいな出版社にいつかなれるよう、私たち「ほんの木」は、これからもコツコツ良い本の出版を続けます。(「ハリーポッター」のような大ヒットは望んでません、ちょっと強がりの本音。)

先日、読者の方から当社に電話があったそうです。

『子どもが幸せになる6つの習慣』を読んでとってもよくて、児童館に行ったら他のほんの木さんの本(大村祐子さんのシュタイナー教育通信講座)があって、1冊読んだらそれも素晴らしかった。今までほんの木さんのこと、全然知らなかったのですが、こんなにいい本をたくさん出されていたんですね! 全部読んでみたいのですが、どれから読めばいいんでしょう?!!」というお電話でした。(そのお電話で2冊ご注文をいただいたそうです。(あなうれし!)書店経由でも1冊ご注文いただいたとのこと、ありがとうございました!)

「ほんの木」の1冊、1冊の本が、こうして少しずつ広がっているのを実感すると、「この仕事やっててよかった!」という気持ちと、改めて、もっと役に立つ、教育、子育てなどに深く関わり、より良い子どもたちの未来を作ることに貢献できる出版社になりたい、とつくづく思います。



ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif
[PR]
by alternative-edu | 2006-07-03 18:20 | おすすめ本・本の紹介