教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

No.84  産経新聞という反面教師に学ぶ?

夕方、おそばやさんに入ったので、たまたまあった産経新聞9月19日号、社説を読みました。

いいこと書いてある―。

つまり、子供たちが荒れたり、キレたり、しまいには親を殺害したりするような事件が増え、小学校での問題事件が過去最高になったとのこと。

そして、その原因は親にある。親教育こそが最優先、
というようなニュアンスの内容でした。(まちがってたら、ゴメンなさい、産経新聞さん)

私もその点は同感です。
子供への虐待、暴力を含め、親の子供への家庭教育の不在は、痛感します。

同時に、子どもの親の親(今はおじいちゃん、おばあちゃん)が、子どもに十分な家庭教育をしてこなかったことも、影響しているのかな、と私は思います。

ただし、産経新聞は、だから愛国心、日本の伝統文化を家庭で、学校でしつける、教育基本法を変えるべき、となるのでしょうか?(ほとんど安倍氏の考え!)

私は違う考えです。この問題は、ひとえに民主主義不在がもたらした結果です。
戦前の教育勅語の国家主義から、人が民主主義へ移行できなかった、そうさせなかった自民党の責任です。

もちろん、それに気付かず、その挙句民主主義社会を自ら手にすることができなかった、国民の問題でもあります。

日本人は、①アメリカのアジア反共産主義戦略、②自民党のアメリカ追従、③マスメディアへの右翼勢力の圧力、牽制(けんせい)、④欲望資本主義の圧力、⑤拝金主義を助長したテレビという凶器。(自動車社会の快楽化)⑥全共闘制圧後の教育の管理化などで完全に民主主義が空洞化してしまいました。
このツケが、今の時代、あちこちに表れています。子どもたちがその犠牲です。

子どもたちも、脱線したり暴力的になったりあげくの果て、大好きな親や友人を危めることがよいと思っているはずがありません。

その上、IT社会です。狂暴なゲームや匿名社会。面と向かっていいあわず、パソコンとケータイの中からしかコミュニケーションできない人たちの急増。
すべて、人間の欲望の結果です。今日の文明社会をある程度否定し、不便を当たり前にしなければ、回復できないでしょう。

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2006-09-25 17:06 | 最近のニュースから

No.83 フォーク歌手 イルカさんの教育観、勉強することについて

フォーク歌手のイルカさんから、超久しぶりに電話が入りました。

かれこれ、8年ぶりでしょうか。
大変忙しく仕事しているとかですが、声はとっても元気そうでした。

というのは、当社でこの11月下旬頃創刊スタート予定の小学生のお母さん(主に)向け単行本シリーズ第1号の原稿を、色々な方に今、お願いをしています。

テーマは内緒…ウーン、ま、いいか、言っちゃいます。
「なぜ勉強するの?お母さん(お父さん)」というタイトルの本です。

で、男性、女性、色々なジャンルの方々に今、原稿をお願いしているのですが、その中で、イルカさんが、当社からの手紙を読んで即、電話してきてくれました。
「ご協力します」ということと、実は私が小学館時代に作った4冊の「イルカの絵本」シリーズの第5冊目を同じ小学館でやることになりました、というあいさつを兼ねた話でした。

「『ほんの木』の今度のテーマと私の教育観がとても似ていると思いますので…」
ともおっしゃってくれました。ありがたい話です。

当社で私と一緒に仕事をしてくれている小倉さんは、元クラウンレコードのスタッフで、イルカさんの担当でした。一緒に「イルカの絵本」と同名レコードを作った仲間なのです、実は。お互いニッコリ笑いつつ、月日が経つのが何と早いことか、となつかしさに少々ひたりました。
イルカさん、どんな原稿を書いてくれるのでしょうか、楽しみです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2006-09-25 16:52 | おすすめ本・本の紹介

No.82 小学生のお母さんの悩みに答える単行本シリーズ! 11月スタート!

ついに「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(0~7歳児の親向け単行本)に続いて、
小学生版親向けシリーズを創刊します。
これは非常に多くの方々から望まれていたものでした。

昨今の、あまりに続発する子どもたちの犯罪に、
あるいは、競争、受験、夜遅くまでの塾通いの状況に
「STOP」をかけるために、とうとう企画しました。

考え始めて2年以上、具体的に案を練り始めて1年経ちました。
もう10年以上前になりますが、「小学生のお母さん」というタイトルで、
子育て教育の悩みを少しでもやわらげる本のシリーズができないか、と考えていました。

以後、それに近い私なりの回答として、1999年から3年間、年6冊ずつ「シュタイナー教育に学ぶ通信講座」シリーズを、大村祐子さんにお願いし、好評をいただきました。

次に、2002年から始めたのが「子どもたちの幸せな未来」シリーズで、
この秋10月発売の号から、第5期目に入ります。(よく続いた~!!)

本屋さん、有機オーガニックの宅配組織、「らでぃっしゅぼーや」と「大地を守る会」等、(この間、1冊、生活クラブ生協でも取り上げていただきました)そして、ほんの木の通販会員のそれぞれで販売しています。

こうして約8年間、子育て・教育(主に幼児教育)について私たちなりに、よい本たちを作ってきましたが、いよいよ小学生シリーズです。(これは難しい!)

受験、競争系の小学生の親向け本や雑誌ばかりの中で、「競争のない教育」を主張する小社の単行本がどのように評価されるのか、未知数です。全く無視され、売れないでガックリ、という結果も予測されます。

まず、初年度は11月末創刊号スタートの予定で年に4冊で発行する予定です。
今月中に詳細の発表を行い、個人購読のご自宅お届け、ほんの木通販申し込みを開始します。

どうやったらこの情報が必要な方々の手元に広がり、本が届くのか、
ぜひよいお知恵をお貸し下さい。
今、書店では、教育コーナーはとても不人気のようです。
つまり、本を買いにくる人がほとんどいないように感じられます。
私たちも宣伝広告ができない、小さな出版社のため、本は作れるが、
売る能力が不足しています。

また、インターネットで「子どもたちの幸せな未来」の1期2期、計12冊の主な内容のエッセンスを掲載し、無料で子育て中のお母さん方にお読みいただき、何らかのヒントになればという企画も進行中です。
中身は全く古くありません。もったいないので、少しでもお母さんたちのお役に立てれば、と考えています。

とても有意義で役立つ本のシリーズでしたので、そのまま、在庫だけにしておくのも残念との思いで、無料サービスの形で発信しようと考えました。

本を読むよりネットで、という若いお母さんがとても増えています。
そういう方々への「ほんの木」からのささやかなプレゼントです。

小学生シリーズも含め、私たちは、この国の教育の方向に、今、大きな危惧を抱いています。

教育基本法をねじまげ、愛国心や伝統文化を教えれば、子どもたちが幸せな未来になる、と政治家が本気で考えているとしたら、民主主義はなくなり、権力や国家の圧力で日本という国は、アジアからも世界からも孤立することになるでしょう。
世界の流れ、時代の潮流の逆を行くことになるのですから。
そして、最後に不幸になるのは子どもたちです。
心ある皆様のご支援をお待ちします。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2006-09-13 15:03 | おすすめ本・本の紹介