教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No.90 「憲法と教育基本法」改正は誤り

疑問に思うこと。

憲法、そして特に今、教育基本法の改定問題で、
なぜマスメディアは、そして、知識人さえも平気で
改正」という言葉を使うのでしょうか。

改正=改めて正しくすること。
改訂=書物や文書の欠点を直すなど、内容を改めること。
改定=従来のきまりなどを改め定めること。例;「条文を改定する」など。

これは、岩波広辞苑で調べたそれぞれの言葉の意味です。

どの政党が、政権が改憲や教育基本法を変えようと、「改正」という表現は、
「正しさ」について、市民の中に様々な解釈がある以上、誤りだと思います。

なぜマスメディアとジャーナリストたちは平気で「改正」というのでしょう。

人々は「改正」と言われ、書かれたら、正しくなるための法律変更と考えます。
つまり「今の」憲法や教育基本法が「正しくない」から「正しくする」のだろうと思うはずです。

民主主義が機能しない、フェアかアンフェアかが日本人には全く、精神と思考の柱となっていない実態は、こういう小さな誤りを、平気で犯すジャーナリズムの軽はずみから発生し、大きな歴史的禍根になります。
言葉の意味と事実に、私たち市民は敏感になりましょう。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2006-11-24 11:04 | 最近のニュースから

NO.89 お金で買えない、買わない幸せをすべての子どもたちに

自分の子どもが、学校教育を終えると、
とたんに火が消えたように教育に無関心になるのは、なぜでしょう。

私は日本の教育が一向に前進しない理由の最大の問題(最大は自民党と今の文部科学省)の一つは、この我が子中心主義の教育論につきると思うのです。

自分の子が、社会人になろうと独立しようと、より良い教育とは何か、については
私たち一人一人が責任を感じるべきテーマです。

教育、マスメディア、そして政治。
この3つの柱をゆがませることなく、公正に存在させることと、
そのための不断の努力、そして公正さへの認識は、
私たちが民主主義社会に生きたいのか、封建的で主権在民でない、
格差があって非人間的社会に生きたいのかの境界線の問題です。

すべての大人にお願いしたいことは、
自分の子どもが在学中か否かにかかわらず、社会の宝として、子どもたちの未来へ思いを馳せ、「私たちより、もっと好ましい社会」を与えてあげようとする行為を、責任を持って実行して欲しいということです。

日本のみならず、戦争で死に、食べ物がなく、病み、医療が不足して生命を長らえられない、より不公正な世界の子どもたちの未来にも、同等の心配りをしてゆきたいと思うのです。
「金で幸せは買えません」「金で買う幸せはいりません」!


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2006-11-09 09:54 | 日本の教育