教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No.96 政府の「教育再生会議」への対案が市民から出ました

安倍首相のもと、教育基本法が改悪され、
教育再生会議の中から教育関連3法がまた、国会に上程されます。

学校教育法に、愛国心などが反映され、教員免許法で更新制などが導入されるとのこと。

はて、それで「いじめ」や「教育委員会の機能不全」「やらせタウンミーティング」「受験競争」「教育格差」などもふくめ、教育が再生されるのでしょうか?

正直言って、もうどうしようもない根本問題が放置されたまま、右傾保守国家への踏み台が構築されてゆくのみ、という思いがします。

例えば、教師の免許更新制をやるなら、官僚も役人もすべて更新制を行うべきです。
また、免許制度を国会議員にもうけて、その適、不適を認定してもよいでしょう。
公僕を国民が管理する法律です。

まあ、「ガックリ」と思って肩を落としていたところ、子どもたちをのびのび育てるための「教育再生民間会議」という記事が朝日、毎日両紙で目にとまりました(1月25日)。

堀田力(つとむ)さん他、計4名の提言です。
総合学習の充実などをふくめ、実に、「ほんの木」が追求する「子どもたちの幸せな未来」とよく似たビジョンが掲げられています。(若干の違いはありますが)

競争、知識偏重より、総合的人間力を高める、本人の伸びる力を支える教育こそ大切である、とするこの提言。私は賛同人になろうと思いました。
私たちは、今一度、フィンランドが「競争をやめたら学力が世界一になった」事実から学ぶ必要があります。
ぜひ教育再生民間会議」詳細をご覧下さい。

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-01-30 12:37 | 日本の教育

NO.95 日本人の善悪に甘い精神構造こそ改革しよう

教育基本法が改悪され、「いや~な」予感が強まりました。
一方、民主主義からみたら、明らかに改悪なものを「改正」と表現し、長年夢みた保守右翼ナショナリストたちは、我が世の春のようです。

恐らく、産経新聞や右翼礼賛雑誌あたりは、より過激な論調になっていることでしょう。

それにしても改悪「反対」の論を組んで欲しいメディアやジャーナリストは、いつものように国会を通過すると、急に沈黙するのははぜでしょう。

日の丸君が代法の時もそうでした。少なくともただ一つ「強制はしない」という点を訴え続けることもしてきませんでした。

今回の教育基本法の改悪に対しても、どことどこだけはとリストアップし、それ以上悪化させず、また乱用、拡大解釈に広がらぬよう、メディアはメスを入れるべきだと思うのです。

日本人は、「長いものに巻かれ」「熱しやすく冷めやすい」し、「さわらぬ神にたたりなし」の国民性が強すぎます。

長いものに棹さし、巻かれず。熱したら、湯たんぽでも使ってずっと保温状態を高め、ねばっこくしつこく。さわって叩け、悪の神」の精神で、善悪、正邪にストレートに反応するべきだと思うのです。

敵である、保守右傾ナショナリストは、自らの権力、自己利益、世襲のうまみや、金もうけの独占システムを守るため、この日本人の「めんどうなのはいや。こわいのも困る。もうからないとやらない」弱腰ノーテンキ根性をよーく見抜いているのです。
[PR]
by alternative-edu | 2007-01-15 20:59 | 日本の教育