教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No.98 ちょっといい話―小さな子ども連れのほのぼのお母さん

先日、中央線に乗って帰宅途中、ある駅で、乳飲み子を抱え、荷物とベビーカーを持ったお母さんと、まだ3~4歳の小さな上の女の子が電車からホームに下りようとしていました。

電車とホームの間にやや広くすき間があったので、私が何気なく、上の女の子を抱えてホームに降ろしてあげました。

下車したお母さんが、その子に「ちゃんと大きな声でありがとうをいってね」と言うと、その女の子はニコッとして私に向かって「ありがとう」と大きな声で言ってくれました。

「どういたしまして」と言って車内から手を振ると、彼女も手を振り、お母さんが会釈をし、電車が動き出しました。

たったそれだけでしたが、このお母さんはいいしつけをしているなあ、とつくづく感じられたのです。

ほんの木で「子どもたちの幸せな未来」幼児教育シリーズ(年6回)をスタートして5年目になり、今また小学生版シリーズ(年4回)を昨年12月から開始しました。そんなせいか、街や電車の中などでの親のしつけ方、叱り方、ほめ方が気になります。そして、どうしても子ども連れの親子に目がゆきます。

子どもは親を選べません。どんな親の下に生まれても、貧しくても、子どもは子どもらしく、生き生き育つことを、いつも祈るようになりました。小社のシリーズタイトルじゃありませんが、つくづくすべての子どもたちに幸せな未来を、と願わずにいられません。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-02-13 16:47 | 雑感

No.97 小中・児童・生徒の給食費不払い問題

この所、全国の小中学校での給食費滞納問題がクローズアップされています。
全児童の1%、約10万人の子どもたちの分、22億円が滞納されているとのこと。(一人当、年間22000円)

この中に、払うことができる家庭で払わない確信犯の親が60%にもなるとのことですが、いやはや、自分の子どもに何を教育しようとしているのでしょうか。色々な工夫の中に、各家庭からの自動引き落とし方式をやめ、昔のように一人一人から集金すると相当正されるとのこと。何だか悲しいですね。

でも、親が払ってくれない子どもは、一体どんな気持ちで給食を食べているのでしょうか。
クラスの先生が、生徒の給食費を払っているという涙ぐましい話も多々あるようです。

生活が大変で、本当に払えない家庭の約4万人の子どもたちは、肩身の狭い思いをしているのだろうと、昨今の経済格差や生活苦の人々が日本社会に拡大している現状から推察されます。本当に支払うことのできない親を持ち、親をうらめない子どもたちのために、何とかできませんか?

いっそ、全児童、生徒の給食代を無料化してはどうでしょう?
22億×100倍=2200億円で1年間の全給食費用となります。

不要な道路建設を1本やめるだけで足りますし、銀行救済や大きすぎてつぶせない企業への赤字を、湯水のごとく税金でまかなかったことなどを考えれば、どうにかなる範囲だと思うのです。

それと、政党助成金全廃でその分回しても、全体の何割かまかなえるはずです。ねっ、安倍さん!

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-02-13 16:42 | 最近のニュースから