教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

No.104 イルカさんのパートナー 神部和夫さんを送る会

―心に残る大切な人―

「イルカの夫であり、音楽プロデューサー“かんべちゃん”こと
神部和夫さんの逝去を偲び送る会を開催致します」

先日送られてきた、このお知らせの中に、イルカさんのメッセージがありました。

「桜の花も待たずして…。春分の日に、天に召されました」
で始まる文章に、私は涙するしかありませんでした。

この人には本当にお世話になり、また、私は大きな影響を受けた一人です。
誕生日も同じ5月18日。(歳は彼の方が若いのです)

一緒にゴルフを昔、よくやりました。
私はゴルフで2回、プレー中にボールが体に当たったことがあるのですが、2回とも、当てた人が神部ちゃんでした。(1つが足、1つが頭のてっぺん)

よくマージャンもやりました。イルカさんと神部ちゃんがふたりで「シュリークス」というグループのデュオの時代からです。
その頃、私たちの主催したコンサートに必ず出てくれて、スキーバスによる、冬のスキー場でのコンサートにも一緒に来て、夜のコンサートで歌ってくれました。

六本木の、すごくおいしいしゃれた中華風なレストランで、ごちそうしてくれたことも思い出です。私は六本木のそういう店に、神部ちゃんとイルカに連れられて初めて入りました。
私の六本木デビューでした。

小学館時代に、イルカの絵本「ちいさな空」を企画し、4冊、私の手で本にしました。
つい先頃、小学館から5冊目が出版され、イラストがすっかり上手になったその絵本を手にして、「神部ちゃん、今どうしているかな」とふと昔を思い出し、イルカさんから寄せられた手紙を何度も読み返しました。

1980年、小学館をやめ、私がパンクリエイティブという制作プロダクションの仕事に忙しくなり、1986年、出版社ほんの木を作り、おふたりとは疎遠になり、陰からイルカさんの活躍を見続けていました。

私が出版社に入り、フォークシンガーに興味を持ち、この人たちの心情をもっと雑誌で売ってやろう、フォークシンガーが皆、飯を食えるように、などと思い上がった感情の中で、色々なアーティストを取材したことを今もなつかしく思い返します。

この気持ちを私に教えてくれた、というより、その気にさせてくれるくらい、神部ちゃんの人柄を通して、フォーク界の可能性を私は見続けていました。
神部ちゃんのような、イルカさんのような人たちが世の中に歌でメッセージをし、光を当て、世直しをして欲しいと真剣に考えていましたから。

が、私は、ある時(正確にはフォークが「ニューミュージック」というカテゴリーに変わってから)“歌で世直しを”という夢を追い続けることをやめました。

それから約20年。

昨年12月に小社から出版した『どうして勉強するの? お母さん』の本で、イルカさんに原稿をお願いし、快く快諾いただき、その時、手紙をもらいました。

イルカさんからのその手紙の中には、「柴田さん、私は今も歌で世の中をよくしようと頑張っています」と書かれてありました。そんなことを覚えていてくれたなんて。思わず胸がジーンとしました。

神部ちゃんとイルカさん夫婦は、こういう人です。

5月8日、12時から、「送る会」があります。
最後のお別れに、私も行ってきます。

でも私の中で、神部ちゃんとの思い出は強く残っています。
中でも―――、驚いたのは―――、

柴田さん、売れたイルカで、必ずお返ししますから

イルカさんがソロデビューし、「なごり雪」の大ヒットで、フォークシンガーとしてゆるぎのないポジションを確保したあと、神部ちゃんが私に言った言葉です。まだ気にとめてくれていたのかと。
絵本などを一緒に作り、とても売れました。

大きな人を失いました。本当にいい人、いや、いい奴でした。
マージャン、ゴルフ、ハワイなど、一緒によく遊びました。

私の心の中に永久に生き続ける神部和夫さんに、
私はどうやって感謝を伝えるべきか、まだ心がまとまっていません。
イルカさん、これから、神部ちゃんの分も一緒に、
いい歌とステージを、いつまでも続けて下さい。


c0061162_18595056.gifご訪問感謝です。クリックご協力、お願いします!→


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-04-26 16:56