教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No.125 オランダ・イエナプランに日本社会の未来を感じました

11月10日(土)、東京・市ヶ谷の法政大学でオランダの「イエナプラン」教育の講演会がありました。
約4時間、3名のオランダから来日したイエナプランの教育家による本格的な、その教育手法と哲学の紹介です。

プロデューサーは、オランダ教育研究家のリヒテルズ直子さんです。
この大変なプロジェクトを1年ぐらいかけて、資金を集め、開催にこぎつけた努力と情熱に、まず頭が下がりました。

会場は150人以上でしょうか、全席いっぱい。
皆、大変熱心に耳と目を傾けています。

プレゼンテーションは英語です。(英語理解できる参加者が多いので、びっくり。こっちはあせりました)パワーポイントによる表現やデザインもよし、また、内容も刺激的でした。(朝日新聞で近々、記事が出るそうですので、くわしいイエナプランについての情報は、そこで読めますし、リヒテルズさんの著作『オランダの個別教育はなぜ成功したか』(平凡社)でもわかります。(これも本当に、いい本です)

それにしても一つ感じたのは、日本の教育で、このような個を尊重し、ビジョン、社会哲学を持った状況に近づけるのは一体、いつになるか、ということでした。
社会を革命する気でないと、世界と正反対の今の日本の教育そのものが改革されない、そんな気分にすらなりました。

市民社会の器と質の違い。だから中身も違ってくる。
日本の未来を悲観したくないですが、イエナプランのよさを知ると悲しくなります。

11月15日、リヒテルズさんが「ほんの木」に来社してくれました。
大変お忙しい来日の中、時間をとってくれました。夕方まで、刺激に満ちた話で大いに盛り上がりましたし、近々、ほんの木でリヒテルズさんを日本にお呼びし、日本の教育改革運動を草の根でやっている人たちに色々話しをして欲しいな、と思いました。
リヒテルズさん! 日本の未来のために、本当にありがとうございました。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-11-18 18:25

No.124 NOVA破綻は、日本式教育のあだ花

「NOVA」、あの“駅前留学”の英会話学校経営が破綻しました。
それにしても、色々な英会話学校が政府の補助金のような(何というのですか?)サポートを受け、雨後の竹の子のように日本中にあります。

一体なぜ、英会話学校ブームなのでしょうか?

私は、この答えは、きわめて単純だと思います。
つまり、①国が、中学~高校~大学と、英語を話せる力でなく、文法を中心に教え、また暗記力を中心に、受験の必修科目にしているものの、少なくとも、会話を習得できるレベルに到ってない。②教育費を、各家計に徹底的に支払わせる国民負担教育が日本のシステム。③従って、学費の多くが受験競争のための塾や、この英会話などを始め、家計支出のかなりの部分を占めている。④となると、教育に金がかかるので、少子化となる。

このような国民負担教育の中で、グローバル化する世界が広がり、(やむなく?)英語が国際語となり、インターネットにも英語能力が求められ、かつ英語力のある人間の方が収入がよい、というおかしな、悲しむべき時代になりました。

で、自力で英語学校へ…。NOVAや他の外国人教師による英会話学校へ行かざるを得ない日本の現実があります。

教育を北欧のように大学まで無料化し、かつ、日本語の教育と英語の教育の2つのコースを小学校時代から設定し、バイリンガル型を選ぶか、日本語の従来型教育を選ぶかを自由化・多様化すべき、と私は強く思います。

そうすればNOVAは元々存在せず、雲がくれした社長の大阪の豪華マンションもありえなかったのです。日本人は日本語よい、もっと日本語能力を鍛えよ、という方針での、日本という国家の戦略(?)、文科省の後ろ向き教育システムの、これも一つのあだ花です。

それにしても約4000人のNOVAの外国人教師たちは、生活苦に陥っている人もいるようです。また、生徒も支払った授業料が戻ってこないそうで、二重の事件です。
どうでしょう? 文部科学省で、4000人を雇用し、全国の公立小・中学校で、英会話のクラブ活動をやってみては?

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
by alternative-edu | 2007-11-09 09:16 | 最近のニュースから