教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ケータイ、メール 小・中学校禁止」に私は大賛成

過日、訳の分からない暴れん坊というか、やりたい放題の、ちょっと東京都の石原都知事を真似た、私は正直いって評価していないんですが、大阪府の橋下知事が小学校、中学校には携帯を持ってこさせないというルールを大阪府の各学校に指示したという情報が流れていました。

以前ブログにも書きましたが、実は私の意見も同じで、小学校・中学校では少なくとも持たせる必要はないのではないかと考えています。むしろ、国で法律を作り全国、全面禁止が良策と考えます。やはり自由と規制でいうなら、規制すべきだと思うのです。もし持たせるならばGPS機能で居所が分かる、あるいは電話の通信以外できない電話携帯、メールのできないものを特別に作って中学まではそれしか使ってはならないとすればいいのではないかと、私は思うのです。

メーカーの言いなりになったり、ITビジネスサイドの言いなりになる必要は全然ないと思います。それからIT系の得意な人たちは必ず、こういう時代になったらITがあることが当たり前であって、携帯があってメールができてパソコンがあって、それを使い回すことは当たり前の時代だから、それらは必要だ、そしてそのルール、あるいはリテラシー、使い方をきちっと学習することが大事だと主張するんですね。それ、ちょっと待って! それだったらあなた自分で、その正しい学習をさせないと。学習をどうさせていいかわからない人間が、そういうことを言うのは止めなさいと、私は言いたいです。これは家庭でも、学校の現場でも親や教師たちは困っているんじゃないかと思うんですね。

しかも学校裏サイトなどができて、子どもたちが勝手気ままに人をいじめたりすることができる。つまりメールの持っている匿名性を徹底的に悪用する連中がいるわけです。必ず。その被害者が必ず出る。車と同じ。便利、楽、でも年間100万人が事故を起こし、8000~1万人が日本でその日のみのカウントですが、事故死しています。私は、余計なマイナス面を生む道具は要らないと思うんです。それが文明だとは思わない。少なくともそこには人間の文化はない。

従って私は小・中学生までは禁止。高校になったらアルバイトもするだろうし、自分でお金を貯めたりすることもあるだろうし、ある程度の分別というのは分かるとなると、そこからスタートするというのはあるのかなと考えています。つまり自動車と同じで考えればいいわけです。原付なら15歳か16歳くらいから乗れるんじゃないかと思うのですが、今、免許持っていないので詳しく知らないですが。かつて、原付はそうでした。

私はやはり携帯、メールというのは悪く言うと、小学生、もっと小さい子も含めて、中学生らに車を運転させるのと同じだと思うのです。車を運転させてどんどん走らせると、ぶつかったらぶつかったでしょうがないと。そんな原理はあり得ません。デタラメ運転はさせられない。メールも同じです。運転の仕方を教えない方が悪いんだから、家庭で運転の仕方を教えろ、学校で運転の仕方を教えろと、交通標識間違えないようにしろと言っているのと同じことですね。子どもにケータイ、メールOKの人は。

これはもう人を傷つける、もしかしたらそれによって、子どもたちの中には自殺する人もいるわけです。そういうものを野放しにする社会というのは、IT、ITと言いながら文明社会ではなくて、金儲け主体の拝金IT社会、つまり野蛮な社会だと思うんですね。そういう点では橋下さんがそういう判断を下したということは、私は正直いって敵ながらあっぱれというふうに思いました。それに対して河村官房長官もいいんじゃないんですかという話をした。これがどういう確信をもってしたかは別にして、一応それに対してオーソライズしたということ自体は、これもまあ私は自民党の敵ではありますが、私としては一応同感であるということを申し上げたいと思います。
[PR]
by alternative-edu | 2008-12-18 13:21 | 日本の未来

札幌で活躍するエコなドイツ人女性

ひびきの村の帰りの9日、月曜の朝、札幌に行き、我々がビギさん、ビギさんと呼んでいるドイツ人の女性に会ってきました。彼女は「ビアンカ・フルスト」さんといって、日本人の方と結婚していてお子さんが3人います。彼女は日本とドイツのいわばコーディネイターというのでしょうか、特にドイツの優れた環境対策、環境問題、ゴミとかバイオマスとか、あるいはオルタナティブエネルギー、交通システム、自転車道とか、そういう問題についてかなり前から、札幌に住み、お子さんを育てながら、札幌観光協会会長などをしたりして、札幌市に環境問題を提案して活動されている方です。

彼女は実は、ほんの木にも半年間いました。日本に来てホームスティをしていたのが私の家で、半年間、我が家族と一緒に生活をしました。そして毎朝ほんの木へ出勤して仕事してもらいました。その中でも特に書店営業してもらい、ドイツの美しい女性が大変日本語が上手で、当社の本の販売促進、あるいは注文取りのお願いに行っていたので、おそらく書店の皆さん、びっくりされたんじゃないかと思います。そんな刺激的な活動を半年ほどして、その後熊本の大学に行って、大学院に入り、そしてドイツに戻って、また日本にやってきてという、非常に日本贔屓の素晴らしい人格の持ち主です。

本当に久しぶりに会いました。札幌のちょうど大通りのテレビ塔のすぐ下のところで、ミュンヘンと札幌が姉妹都市だということもあって、ドイツ祭りのようなことをやっていました。大通り公園はご承知のように夏はすごく人が出るのですが、冬はイベントがなかったそうです。特に今ごろ、クリスマスに向ってのイベントということでこういうことを開始したようです。いわゆるドイツのクリスマスを日本でするということで、いろんなブースが出ていて、その中でいくつか面白いことがありました。

一つは、ビルギットさんたちのNPO法人が展開している、そのイベントの中で使われる食器は全てリターナブルというものです。つまり洗って、食器を使い回す、一切捨てることをしないということで、ビギさんのチームは全体のブースの食器を洗うボランティアの活動をしていました。

また、面白いなと思ったのはホットワイン。紅茶のように、ワインをホットワインにして飲むというのがドイツにはあるらしく、初めて飲んでみましたが、非常に面白い味で、日本でけっこう流行るんじゃないかなという気がしました。

そんなものを紹介していただきつつ、約3時間くらい、一緒にご飯を食べながら、ビギさんの日本における活動をいつかは出版したいということで、打ち合わせをして、非常に手応えのある内容をいろいろ教えてもらって戻って来ました。

また、折につけてご紹介したいと思いますが、札幌だけにとどまらず全国展開して、日本中のいろんな市町村含めて、ニーズのあるところにドイツの環境対策、交通対策、あるいは市民生活の中で先を行った展開をしているノウハウや行政政策を、是非情報を提供して、刺激を与えて欲しいなと思いました。

 本当は、もっとユニークな環境教育や子育ての話もありますが、また次回に!
[PR]
by alternative-edu | 2008-12-17 20:22 | シュタイナー教育

「ひびきの村」も冬支度

先々週日曜日、つまり、12月7日、北海道伊達市郊外にある「ひびきの村」に久しぶりに行ってきました。

目的は大村祐子さんの次の本(2月予定)の原稿の打ち合わせと、もう一つは当社の通信販売を使ってもらい、ひびきの村の会員の方にDMを出させていただいて、その通販の売り上げの20%をひびきの村の財政に支援するという企画のためです。

当社としては初めての試みになりますが、9月以降の世界経済、日本経済の悪化のなかで、寄付や会費が減ってくるであろうNPO、あるいはNGO、市民運動団体は、おそらく経済的に非常に逼迫してくるだろうと予想されるからです。

我々の通信販売にいわば相乗りしていただいて、少しでも財政をサポートすることはできないかという、最後の詰めのミーティングをスタッフの皆さんとやってきました。

また、ひびきの村の雪のシーズの写真を撮ったことが今までなかったので、雪が降ったら是非写真をと思っていました。大村さんが雪乞い(雪来い!)をしてくれたと言っていましたが、本当に雪が降って、ある程度積もりましたので、雪景色のひびきの村というのを初めて撮影するこができました。

そんなことも含めて短い時間でしたが、丸一日いろいろ有意義なことをさせていただきました。特にお昼、大村さんがキッチンに入って、ひびきの村でつくったバイオダイナミック農法(シュタイナー農法)の野菜を料理していただいて、皆でご馳走になりましたが、さすが、本当に美味しかったです。大村さんの料理はプロに近い!

とりあえず、そんなひびきの村訪問がありました。ひびきの村の問題についてはまたあらためて情報をお送りしますが、今は来年2月出版予定の、ひびきの村のカラー写真の入った、大村さんの新しいエッセイ本を制作進行中です。大村さんの「ひびきの村」10年史が綴られる予定です。
[PR]
by alternative-edu | 2008-12-17 19:17 | シュタイナー教育