教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


競争のない教育と子育てブログ

今日から、できるだけ毎日(除く土日祝)、ダメな時は週2~3回のペースで、このブログに、「競争のない教育と子育て」に関する情報や雑感を記していきます。何で「競争のない教育」と(そのための)子育てをテーマにブログを始めるのかについて、少し書きます。

今、日本には、勝ち組と負け組という、実にいやな、非人間的な言葉とそれを平気で使う人々、マスコミ、そして社会格差が生まれようとしています。

一体、彼ら、彼女らは何に勝ったのでしょうか? そこには、「金もうけ」を軸にした、金持ちと、金を持たない人々とを区別する言葉以外の意味を私は見出せません。

もっと不愉快なのは、自民党の竹中平蔵氏らのよく言っていた(最近言わなくなった?)「努力する者が報われる社会」→金持ちの税金を安くした時のキャッチフレーズです。(昔は最高税率70%、今37%にダウン)
では、介護やNGOや市民運動で努力し汗をかいている人々。あるいは障害者の共同作業所で頑張る職員。こうした金銭的には必ずしも報われない人々の日々、厳しい努力を時には生命を張ってやっている人々を小泉さん、竹中さんらは、どう報いているのでしょうか?きっと眼中にないのでしょう。
勝ち組とは「金もうけをうまくやった人々」と明確に表現すべきです。「金もうけにうまくいった人々に報いるために、金持ちの税制をアメリカ並みに優遇します」と選挙で公言したら、その政党は本当は敗けます。

でも、この間9月11日の選挙で、自民・公明党が大勝利しました。何せ、郵政民営化でダマしましたから、大衆を。日本の平和憲法すら、改憲されてしまう当選者です。これを日本の国民が選びました。(但し郵政民営化は、3500万票の野党と3400万票の自・公ですから、事実上は敗北のはず)

テレビは大々的に、小泉自民党の演出した、広告代理店との合作選挙を毎日毎日、おもしろおかしく伝えました。まるで、お笑いバラエティのように。新聞は、何ら、それを批判することなく、相乗りしていました。
これが日本です。
どうしてこういう不条理がまかり通るのか、私は悲しくて仕方ありません。

今年の春から、約130本以上、「世直しブログ」という個人的社会批評ブログを続けてきました。が、結局、この程度のことをいくらやっても、世の中は何も変わらない。テレビには勝てない、という事実に、正直失望しました。

なぜテレビはあのような、選挙への片寄った、小泉政権を勝たせる報道を行い、バラエティ番組にも何にも、小泉チルドレンの刺客さわぎ一辺倒の状況を作ったのか?

テレビの持つ影響力の大きさ、それに対し、あまりに広告スポンサーにおもねった視聴率という悪魔(金もうけのバロメーターのこと)に内容をゆだねてしまうのか?

①どうやらこの国のマスメディアの体質に問題がありそう。
②マスメディアに入社する人々の人間性にも問題がありそう。
③広告収入をメディアコントロールの武器にしている企業にも問題がありそう。
④それをコントロールする、官僚、役人に多いに問題がありそう。
⑤勝ち負けから離れて生きる、自由な人間が作る市民社会の重要性
⑥そのためには、民主主義のレベルをあげる必要
⑦となると、教育。それも競争や学歴のない教育に作り変える必要性。
⑧どの政党も政治家も、日本の未来のビジョンが描けておらず、グローバル化、市場競争、経済成長、豊かな暮らししか視野に入ってない不幸を改めるべき時。

というようなポイントから、「ブログで競争のない教育と子育て」をテーマに、改めて一から主義主張を述べていこうと考えました。結局、国民のレベルがマスメディアのレベルなのです。時間はかかっても、オルタナティブ(もう一つの)教育の必要性を感じている、お母さん、お父さんと共に教育を作り、変えていきたい。それが私のこのブログの真意です。

当然、大勢の方々のご意見もいただき、あるべき教育とは何か、子どもたちの未来が、今日の私たちの社会より楽しく住み良く安全で、幸せな状況になれるよう、しばらくこのブログにチャレンジします。

長くなるので、初日の施政(姿勢かな?)方針演説はこのくらいにします。

日々の新聞などの報道や、書籍出版物からの情報、あるいは街の姿、日常生活や子どもたちを見て思うこと、また、日本のまちがった教育方針について、私なりにどうすべきか、考えることなどを展開したいと思います。

もちろん、私たちの出版社「ほんの木」の『子どもたちの幸せな未来』シリーズの中から、子育て、教育の中でお役に立つネタをできるだけ、ふりまいてみたいと思っています。
皆様のご意見や感想などをお待ちします。

柴田敬三の「世直しブログ」でおつき合いいただいた方もこちらにどうぞお越し下さい。
[PR]
# by alternative-edu | 2005-10-19 22:50