教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


No.149 『教育格差が日本を没落させる』

e0086848_13575343.jpg『教育格差が日本を没落させる』という本

おすすめします。洋泉社、福地誠著(新書)

最終章の「教育に投資せず日本に未来はあるか」をまっ先にお読み下さい。著者の想いがつまっています。

私は、ほぼ全面的に共感します。「その通り、その通り」とうなずきながら読みました。

また、この著者の参考文献の選択眼も鋭いのです。

日本は、未来に投資をしない、親に与える拷問だ、とも断じています。
つまり、国は人材の投資を親に一任している、ということ。

大学、短大進学率53.7%、専門学校への進学率は21.7%、合計75%の子ども、つまりその親が自己負担を強いられています。

入替え戦のない格差の社会階層がこのままでは、最悪の国に没落する。それがわかりやすく描かれている一冊です。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-10-07 13:58

No.148 世襲議員、全員落選運動を始めよう!

しかし、文章書くのがおっくうになってまいりました。
おまけに? 気持ちも参りました。

いやはや、目の調子が悪く、ことによると白内障? いや、緑内障? 
と気が滅入っています。
電車の中で座って読む本、これって至福のひと時でしたが、今は自制しています。

従って、出版社として出す本の校正仕事が、以前のように思うようにはかどらず、
校了がやっと、という有り様です。かつ、私の後継者も育てられず…。いやはやです。

編集者の生命の1つは目。文字を読む能力です。これは基本中の基本。
もうひとつも、目。世の中の事象を読む能力。
社会、世界、物事の是非と善悪、つまり認識眼。こっちは何とか、と思うのですが。

さて、今日はやっと気力を出し、ブログを1本書きます。

週刊文春10月9日号(今日発売)の「衆院選300選挙区完全予測」。
政治広報センターの宮川隆義氏の記事、光りました。

つまり、予測もさることながら、「世襲」について厳しく指摘、言及している点が光ったのです。

世襲を正面から批判し、かつその世襲候補を定義し、さらに、世襲印をつけて全立候補予定者を予測しているのです。さすがです。

正直、私が有権者になって43年。初めてのマスコミ界の快挙です。

私は有権者になった20歳の時、日本の民主主義を深く悲しみました。
「この国には民主主義という言葉はあるが、中身が空っぽだ」と感じたからです。
制度としての民主主義の実態も空洞。政治や選挙システムに国民は全く無関心。
マスコミは書かないし、恐らく問題意識もない。(いや、書けない事情がある?)
選挙という、最も民主主義の根幹の、公正な仕組みにすら配慮しない。民主主義の意味づけをしない日本だったからです。

以来私は、就職し、仕事を選ぶ時は「いつかこの国にもっとまともな民主主義が育つことができるようにする仕事を選びたい」と考えて出版の仕事に決めました。そして独立して自分で始めました。

政治を正すことが、この国の未来をより良く変える。
次世代にせめて1つだけプレゼントを残したい。
「民主主義」を実態のある姿にして渡してあげたい。

今も強くそう思っています。

政治を変えるには、有権者に、できるだけ公正な公開された情報を伝える必要がある。
だからマスコミとジャーナリズムが大事である。社会の暗闇の中の灯である。

が、この国の大手新聞やテレビには、どうやらその機能も志も認識もないようです。

週刊誌や休刊した「噂の真相」のようなゲリラ・ジャーナリズムにしか、その役目を見つけられませんでしたし、今もほぼ同じです。

そして教育。

教育は人間の、社会の根幹です。
未来の社会の良し悪しは、今の教育の中身にかかっています。
世界と逆行する教育、これも日本の特徴です。

そしてこれらの諸悪の背景は
①官僚が主権者、支配する国の仕組み、
②それを支える、利用する自由民主党。その利権と世襲の政治。
③税金を私物化する企業人たち。
④悪を見て見ぬふりをしてきた、我が身大事のマスコミとジャーナリズム。
⑤すべての、この前近代的封建主義を存在させてきた日本人。
私はこのような、非人間的、非民主的な日本システムは、嫌いです。

さて、今週号の週刊文春。

宮川さんの世襲印(マーク)と世襲批判。ぜひ読んで下さい。

日本を変えるには、政治の構造改革、つまり
①政権交代。
②世襲議員を落選させる。
③官僚の国家の私物化の息を止める。が、最低限必要です。通過点です。
しかるのち、よりましな民主主義という光を私たちは手にすることが可能になります。

その私の43年間に及ぶ、不正義を許せない気持ちが、この宮川さんの記事で少し楽になりそうです。

選挙はフタを開けないとわかりませんが…。何が起こされるか、敗け犬がかみつくか、わかりません。スキャンダルをあばいたり、あらゆる手段を、自民・公明は仕掛けるでしょう。

この間、20年ぐらい、市民派という人々のそばに私は常にいました。市民運動、市民政治、NGOのような。

が、市民派の多くは、1票の格差より、中選挙区を。(つまり、小選挙区より市民派が少人数だが受かりやすい、だから中選挙区に戻せ)
(しかし、政権交代には夢を持っていない?)

小選挙区にし、政権交代を優先すべき、一票の格差を正すべき論の私は少数派でした。
世襲絶対禁止の私の考えは、ほぼ誰からも何も言われませんでした。中には、「いい世襲もある」という人もいました、市民派に。今、私は日本バイリンガル(日・英)国家論を訴えていますが、この10年間、ほぼ話題になりませんでした。(今年あたりから、ボチボチ共感してくれる人も…)

しかし、昨年夏の参院選で2回目の与野党逆転がありました。1989年の社会党大勝についで、今回は民主党が過半数を取ったことは、記憶に新しい逆転選挙でした。

1989年も2007年も共に、1人区(小選挙区と同じ原理)で自民公明を破り、逆転議席を生んだのです。つまり、小選挙区的状況があったからでした。

参院は残念ながら、今も4倍を越す不公正な一票の格差がありますが、1人区が多いため、このような与野党逆転を生むのです。(早く、1:1にしましょう)

同じく、格差が2をちょっと越す(1:2)のが衆院の小選区制度です。(早く1:1にしましょう)

正しくは、この小選挙区の比例代表並立制は、フェアではない制度です。
ドイツのように、小選挙区比例代表併用制がかなり、理想に近いのは言うまでもありませんが、それは、民主主義のレベルの差。1993年、細川内閣当時の政治力学で、自民党の圧力が加わり、今の形になりました。
それでも、今回は衆院選の与野党逆転の風が吹きまくっています。

とにかく、政権交代の起こりうる国にまずすること。より良い政権を国民が選べること。
これにより、官僚の力を削ぎ、自民党、そして大企業との癒着を切り、かつ世襲の議員をすべて落選させませんか。
日本は、そうすれば変わります。市民有権者革命となります。
今回の民主党の政策は、かなり私の長年の訴えと誓いのでびっくりしています。ほぼ賛成。

マスコミも、思い腰をあげそうです。今、小泉郵政目くらまし選挙で愚かだったマスコミ自身が反省してますから。マスコミこそが目くらましに合っていたと…

唯一、最後のチャンスでしょう。日本改革。
世襲を禁止し、一票の格差を正す。(1:1に)
そして、首相を公選する。これが私の政治の3つの夢でした。

★お願い★
あなたの選挙区にいる世襲議員、それが誰であれ、良質であれ、まずは一度落選させませんか!


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-10-02 16:14 | 日本の未来

No.147 子どもの塾通い、低学年化。悲しい現実!

毎日新聞、8月9日社会面に「塾始め 低学年化」という記事がありました。
但し、小6・中学で通塾率減少。小学生女子、目立つ習い事離れ、ともあります。

文部科学省の07年度調査です。

小学生の通塾率は25.9%。1993年比で2.3ポイント上昇。
学年別では2年生が19.3%で、5.2ポイント増。
1年生 15.9%
3年生 21.4%
5年生 33.3%
6年生 37.8%
中学生 53.5%

塾からの帰宅時間は、午後10時以後の23.0%が最多。帰宅時間が遅くなっている傾向が見られるとのこと。

習い事をしている小学生は72.5%。(1993年より4.4ポイント減)くわしくは省きます。

しかし、夜10時以降の帰宅、ってやっぱり異常です。
ベッドに入る時間ですから。本来。

睡眠時間が子どもの頃から不十分で、ゲームをやったりメールでピコピコの毎日、彼らが大人になった時、世の中が大きく変わってゆく予感がします。

誰のため、何のための塾でしょう。北欧のように、塾もないのに、学力も高く、無料で大学まで、誰にも門戸が開かれ、やり直しもきく。

そんな社会が現実にあるのに、日本の為政者たちは何のために子どもの未来や幸せ、健康、心の豊かさを蝕むのでしょう。

こんなグチは何千回言っても何も世の中変わりませんが、それにしても、悲しい国ですよね、日本って。民主主義がなく、教育でも民主主義を教えないのですから。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-08-13 18:19 | 最近のニュースから

No.146 「ネットいじめ」をみんなでぶっつぶそう!

e0086848_135034.jpg『大人が知らないネットいじめの真実』渡辺真由子著(ミネルヴァ書房)という本を読みました。これ、必読です。ぜひぜひお読み下さい。

私の読後感は、「ネットいじめをぶっつぶそう!」です。

再三、私は「インターネットを小中学生がやる必要が無い。また、すべき理由も無い。ケイタイは車の免許証と同じで例えば16歳(高1)からでもよい」

というエキセントリック(?)な言説を訴えています。

すると反論があります。
①言論表現の自由が大事。規制するな。
②IT社会やグローバルな競争社会で早い時期からITに触れるべき。日本遅れる。
③不得手者のたわごと。お前はパソコンできないから言うのだろう?
④良い面もあるのだから悪い面を何とかすべし。良い面、メリット追及の犠牲は仕方ない。
⑤新しいメディアができると、必ず否定的見解が出る。今にテレビのように馴染む。

等などです。
①に対しての私の意見は、金儲けで表現の自由を利用するな。「金儲けの自由を守れ」と正直に言え!言論、表現の自由とは、何からの自由か勉強せよ!
②少しでも早い時期。子ども時代からITになじめ論には、「ではビル・ゲイツは小学1年生の時からケータイやパソコンやメールをやってたのでマイクロソフトを作ったのか?」その時代には、無かったでしょ?(自伝読んでないのでわかりませんが)
③不得手者のたわごと。おっしゃる通り。でも、不得手だから真実が見えるのです。「傍目八目」。
④良い悪い論。人権がズタズタにされることがこんなに多いメール利用。匿名がなくなるルールができない限り、いじめやサギや犯罪がなくなりません。便利より人の命や人権が優先されるべき。ヤクザが、外資が闇の中で、ネット株や投資で増殖しているのも匿名。
⑤テレビ車、広告は3大巨悪というのが私の持論。テレビに人間が支配されてませんか? 車、広告にも!

この「ネットいじめの真実」の中で、若者はメディア・リタラシーを高めるべき、と再三主張します。

また「ネチケット」(ネット上のエチケット)やフィルタリングサービスを親は利用しましょうということや、親子でルールを決めること、などを訴えます。

また、アメリカ、カナダの事例、日本国内の成功事例もレポートしていて、とても参考になります。

が、私はもう一つ、「人間は性善説でとらえるべきか」「性悪説を前提とすべきか」について、著者の見解の立脚点を知りたいと思いました。また民主主義と匿名社会についても。

私は「性悪説」論です。従って、家庭や学校の教育で約束や学び、リテラシーのみで、ネットいじめが減る、という考え方には疑問です。(効果はゼロじゃないでしょう)

ネットいじめは、インターネットの利用制限(年齢)つまり、ケータイもパソコンも例えば16歳以上とするルールで、子どもたちが全員オールorナッシングの中で生活しないと、なくならないでしょう。少なくとも、ネットを全員使えなければ、ネットいじめ、匿名の24時間いじめは激減します。

もちろん、子ども社会での「いじめ」は他の方法で存続するでしょう。
しかし、24時間、息抜きしたい家庭の中で、眠る時まで、風呂でもトイレでも教室でもケータイに支配されたかのような子どもの生活、大人が守らなくては誰も子どもを守ってあげられません。

便利さ、快適さ、金儲け、大人の利害を前提に、未来の子どもたちの可能性や生命を放置してよいのでしょうか?

私の意見に反対の方は、ご自分で1人でも苦しんでいる子どもを救ってあげてから発言して下さい。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-08-09 13:50

No.145 20年後の日本は、コミュニケーション欠落社会?

毎日新聞で7月22日から始まった「新教育の森」。
第1回目は「子どもとゲーム」です。

この企画、期待して読もうと思っています。

さて、この第1回に書いてあったこと。
①’04年12月発売の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」2269万台、同プレイステーション・ポータブル 949万台。合計3218万台。のべ、1家に1台弱。

②ゲームをする5歳児が’07年に50.6%にも。

もはや止まりません。

未来の日本は確実に、ゲーム脳社会に移行しそうですね。
恐らく、人と直接会って、コミュニケーションをとる社会から、ネットで物事をすませる社会。
人と人とのコミュニケーション上で多くのトラブルが当たり前になる社会。

私には、少々不気味な未来が感じられます。

対策は多分3つ。
①コミュニケーション欠落社会を当たり前と考え、自分もその一員になってしまう、成り行きにまかせる。その上で、対策を考える。
②外国でも、国内でも、コミュニケーションが成立している社会に脱出する。
③欠如社会と闘う。

あなたなら、どれを選びますか?


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-07-27 11:30

No.144 日本の教育の歪みと、教員採用試験でのワイロ

文部科学省といえば、都道府県の教育委員会→校長、という指示と管理。

大分県で、その教育委員会の教員採用試験で、合格、不合格のためお金のやり取りが平然と行われていたと発覚しました。

これはおそらく日本中であることでは? 氷山の一角という気がします。
それにしても……です。

子どもに何を教えられるのでしょう? 金を払い、試験を通った不正を行って入った教師、そのお金を懐にポッポしていた教育委員会。教育委員会という聖域。それを管理できない文科省。

日の丸君が代には目くじらを立てる教育委員会。
そもそも、あのアメリカなどですら、地域の市民が選ぶのが当たり前の教育委員ですが、日本は自民党→政府→教育委員会の命令系統一本化。

つまり、教育に民主主義も自由もなく、不正だけがある、というシステムなんですね。

日本中、洗いざらいチェックしたら、きっと大分県だけの問題じゃないと推察します。

まともに試験を通って入った教員がかわいそう。

世襲といい、天下りといい、情実金品のやりとり試験といい、もう日本はガラガラドスンを一度やり直さないと、特に権力にすがって生きる人間の心が腐っています。

日本の教育がなぜ北欧民主主義の正反対、つまり市民に開かれず政府を信用できない教育システムや内容に向っているのかは、こうした一連の事件でよくその背景がわかります。
日本という国には、前近代の思想で生きる人々が地位、権力、世襲、資産、そして支配者の立場を握っているのです。



ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-07-15 19:05 | 最近のニュースから

No.143 子どもの困難や回答を直接子どもに伝えるべき時代

最近、長い間、子育てや教育関連本を作ってきて、つくづく感じることがあります。
(子育て、教育本、シュタイナー教育系から数えて53冊を出版しました。)

①あまりに売れない。我が社の教育本。(これは開口一番のグチ)
②子どもたちの状況が変わらない。むしろインターネット、ケイタイで悪化。子どもの心の荒廃
③親が聞く耳、いや読む気を起こさない?
④子ども育てが乱脈化、ダッチロール、どうしていいやら状況か?
⑤テレビやビデオ、ゲームと、子どもの脳の発達問題がタブー視
⑥食べ物→ファストフード化、拝金ビジネス恐るべし
⑦いじめが当たり前、話題にものらない
⑧不登校などに打つ手なし? の社会が普通?
⑨競争と受験のための文部科学省、教育の目的はどっち向いてるの?
⑩親の経済力と、子どもの教育格差が歴然。
⑪相変わらず塾や受験ビジネス大繁盛。親のサイフで教育する日本。

いやはや、あと20~30テーマは書けそうです。
で、一つ思うのは、子ども自身に直接タッチしていかないと、何も変わらないかも…と思うこと。

つまり、教師、親に情報を(例えば「ほんの木」なら本から)伝えても、もはや届かない。
活字読むのが不得手な人間の増大。ケータイ中心社会の出現?

それより、子どもに直接、何が正しく、何が間違っているのか。ケータイやインターネットの実害。いじめはしてはいけないし、見て見ぬふりもいけないこと。その他、子どもに関する生活基準を直接教え、導き納得、習慣化してもらわないと、何も変わらない、とさびしくなります。

こんな私のボヤキ、あなたはどう思いますか。
[PR]
# by alternative-edu | 2008-07-07 17:49 | 雑感

No.142 自動車免許と同じに、インターネットも年齢制限を

何度も書きます、ケータイ、インターネットのこと。

もしかして、どっかから、ヤイのヤイのといういやがらせ(そう見えない内容の)が、
ケイタイ、パソコン、ネット、ゲーム擁護論の立場から入るだろう…と思いつつ。

小中学生のインターネット(この場合、ケイタイもパソコンも)をどうするかという問題です。

例えば、自動車の免許って、なぜあるのでしょう? 
原付オートバイが16歳から。普通免許で18歳からとなっています。
(私、免許持ってませんが)

これは明らかに、車の事故の危険を想定した法的判断です。
車が人を殺傷しうる道具という考えなのでしょう。あるいは人は判断を誤るという。
しかも免許はたいてい誰でも取れています。一定条件満たせば。

ではなぜ、インターネットという、匿名を前提とした、いじめ等で人の心を傷つけたり、自殺に至らしめたり、かつ、自殺の方法すら公開し、連鎖反応を生させうる道具に対し、年齢制限がないのでしょうか? 免許が不要なのでしょうか。犯罪や事件は無数に発生しています。

言論の自由の問題があるから、インターネットは誰にも子どもにも使える道具でなければならない、という理由が、もっともらしい理由のようです。

が、私の印象では、金儲けのビジネスを制約されたくないという、
いわゆる拝金企業とその大人、そしてグローバル化が理由だと思うのです。

つまり、インターネット犯罪を防ぎたかったら、親が気をつけろ。
フィルタリングを子供に説得しなさいと。道具は作る、インフラ作る、ソフトも作る。
金儲け放題。グローバル化。

でも、犯罪は個人のせい、使う人間の判断といって逃げています。
今の世界の常識は公害は発生責任。製造責任です。

環境問題や公害と同じに考えるなら、使ってる人間の責任のはずがありません。
作った、儲けてる企業の責任です。

私はインターネットは、年齢制限にすべきと考えます。小中学生は原則使用禁止。
強く主張します。金儲け主義より、人間性を大切にする方が、グローバリゼーションだろうが、経済が停滞しようが、世界の競争にとり残されようが優先させるべきだからです。
子供の人生、未来を守りましょう。
[PR]
# by alternative-edu | 2008-06-10 14:47

No.141 日本人のアイデンティティって何ですか?

小学校での英語教育に関する記事が、この所新聞紙上にふえてきています。
お気付きでしょうか?

それも、否定的記事より、成功事例を含めて、おおむね肯定的記事です。
私はようやく、素直になってきたな?と感じます。

つまり、日本語教育との対比で感情的に語られるのではなく、英語は英語として、私はグローバル時代には最も重要な、日本が将来、世界で生きるための道具だという認識です。

国語も大事、英語も大事。
両方を、しっかり身につける教育が21世紀の日本の生きる智恵です。
恐らく、早晩、この上に北京語を学ぶ人も増えるでしょう。その上、多様なその他の言語も。

しかし、国語教育の中で、今なお、漢文と古典があるのはなぜなのでしょうか? 
この辺は私、理解できません。選択科目でよいと思います。
無理やり茶道を習わせるような気がするからです。

その上、英語は、受験科目からはずしてもよいのでは? とさえ思います。
つまり、受験用の英語でなく、TOEFLやTOIECを受け、
それを受験資格、評価対象にすればよい、と私は考えます。

ともあれ、感情論で日本のアイデンティティ、伝統文化、国語教育を語るのでなく、
現実に目を向け、未来志向で、あと30年~50年~100年先、
世界と日本がどうなるだろうか? の推論の中から、教育を考える時です。

日本人としてのアイデンティティをとやかく言う人も沢山います。
私が、日本バイリンガル論を持ち出すと、必ず反論されます。

でも、日本人としてのアイデンティティって何でしょう? 
1人1人の人間としてのアイデンティティこそ大切で、人種や国籍は別の問題です。
(あるとしたら、日本国憲法と民主主義です)
私は、個こそ基本で、個の自立の集合体が国だと考えています。
[PR]
# by alternative-edu | 2008-06-02 14:42

No.140 「妊娠かな?」と思ったら、そして「いつか赤ちゃんを!」と思っている人にピッタリの本!

e0086848_17592229.jpgずぼらさんの明るい妊娠・出産日記
今井久恵さん著
成美堂出版(Sasaeru文庫)が面白い!(2008年4月刊)

というかリアル。これから赤ちゃんをつくりたい、と思っている夫婦に(特に旦那にぜひ)読ませたい本です。

今井さんは、もともと「ほんの木」で4年間ぐらい働いてくれた人。しかも質の高いハードな仕事をニコニコしながらやってくれていた人です。また、「ほんの木」でずいぶん以前からイラストも描いてくれていた人。その今井さんをよく知っているし、結婚式にも招待してもらった私としては、彼女のあけすけ、ストレートな、ギャグ調も含む、この妊娠~結婚~出産ストーリーは、笑えて、考えさせられて、少々ジーンとくるストーリーなのでした。

あっという間に読めてしまう、不思議なキャラクターの今井さんが描いたイラスト&マンガ&エッセイ本。私はおすすめします。

この成美堂から今井さんは、2007年4月にも「ずぼらさんの快適ひとり暮らし」というシンプル生活術の実用イラストエッセイを出版しています。こちらも、今井さんという人の、目のつけ所が面白い本です。(成美文庫)

ともあれ、イラストレーター今井久恵さんが、物書きイラストレーターへと成長しつつある状況がよくわかります。
私は彼女がイラストレーターとして一人前になる!と勝手ににらんでましたので、大変うれしい以上に、物書きの力がとても高いのを知り、ますます喜んでいます。

それにしても、面白いのです。オススメ。

ちなみに、ほんの木からも妊娠、出産、育児についての『妊娠から始める自然流育児』(自然育児友の会&ほんの木共編)という本が出ていますので、これもぜひご一読下さい。おっぱい育児の全ノウハウです。よこはま自然育児の会協力の、やさしい読みものです。
[PR]
# by alternative-edu | 2008-05-28 11:18