教育から新しい社会のあり方を考える参加型ブログ。国内外のさまざまな教育の紹介など役立つ情報をお届けします。
by alternative-edu
カテゴリ
全体
日本の未来
オルタナティブ教育
おすすめ本・本の紹介
雑感
シュタイナー教育
日本の教育
少年少女犯罪に思うこと
最近のニュースから
未分類
【編集長】
柴田敬三(しばたけいぞう)
㈱ほんの木(代表取締役・編集者)

「ほんの木」は、1986年設立の市民派・オルタナティブ(代案提示型)の小出版社。
現在、0~7歳児の親のための本「子どもたちの幸せな未来」シリーズ(隔月刊・年6冊発行)や、代替療法の本「自然治癒力を高める」シリーズ(年4回刊)を発行。
また、環境、エコロジー、NGO、ボランティア、障害者福祉、人権、民主主義、有機農業、ジャーナリズムなどのジャンルの出版物を発行してきました。詳しくは小社HPか、『売れない本にもドラマがある』(柴田敬三・著)をご覧ください。
また、市民派出版物は、なかなかメジャーに売れないため、オーガニック雑貨や健康改善の漢方入浴剤などの商品の通販&卸も手がけています。

shibata@honnoki.co.jp

ほんの木

柴田敬三の
「集まれ!世直しブログ」


*コメント、TBは大歓迎ですが、当方の一方的判断で掲載を控えることもあります。ワガママ勝手、独善的ブログですみません。
以前の記事
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
最新のトラックバック
Buy xanax.
from Buy xanax.
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
Librium vs k..
from Buy klonopin o..
Buy ultram p..
from Buy ultram che..
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
Order vicodi..
from Vicodin.
Klonopin.
from Klonopin.
Ativan heada..
from Ativan.
new york pok..
from new york poker..
www goodgamb..
from www goodgambli..
four queens ..
from four queens ca..
www 66poker ..
from www 66poker com
www chilipok..
from www chilipoker..
pokker dry
from pokker dry
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
quick female..
from quick female d..
driving insu..
from driving insure..
mgm grand ca..
from mgm grand casino
cache creek ..
from cache creek ca..
high deducti..
from high deductibl..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


No.129 日本の20年後を見定めた、新しい子育て教育の本、4冊!

1月14日付「毎日新聞」9面文化欄に、東京工業大学准教授の上田紀行さん「希望なき国で」の記事がのっていました。要旨は以下①~③です。

①「イギリスの学者による世界の幸福度ランキング、日本は178カ国中、90位。ブータンやフィリピンといった、経済的にはるかに貧しい国が、日本より上位を連ねる。」

②「希望」を蝕んでいるのは、「格差」と「使い捨て」への不安だ。

③「現代のシステム社会は、そのシステムに足を踏み入れたが最後、私たちを競争と評価の無限のサイクルに巻き込む」


含蓄に富む文章が鋭く伝わってきます。

そう、幸福度。日本はなぜ低いのでしょうか? 年間3万人を超える自殺者。400万人にもなる、ニート、フリーター。誰も何もこれを改革しようとしない市民。政府官僚、企業、政治家。

日本は一体、どこへ向かうのでしょうか? 希望なき未来へですか?

そんな危機感に背中を押され、私たち「ほんの木」では、この3月末から、お母さんの育自本「子どもの未来とお母さん」を年4冊刊の予定で始めます。

20年後の日本がどういう社会になるのか、を想定して、今、子育て、教育で何をすべきかを4冊の本にします。
20年後、日本はどういう日本に変化し、世界はどうなるのか? 
①有識者にインタビューしたり、②大村祐子さんに書き下ろしてもらったり、③20年後に役立つ、生活技術を、幼児の頃から子どもに何を伝えるか、という本も作ります。

お母さんの今の力が、20年後に花咲きます。今までの子育て・教育書と、ひと味違った、新しいシリーズです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-01-22 11:27 | おすすめ本・本の紹介

No.128 ネットいじめとモンスターペアレント

教育界の2008年は、どうなるのでしょうか?

1月7日付 毎日新聞の社会面に「学校裏サイト調査へ」という記事が出ていました。
文科省のネットいじめ対策の実態調査のことです。(3月末に結果)

匿名による「いじめ」や、ストーカーにも似た被害にもいたるというこのサイト、出会い系サイトへの接続を制限するフィルタリングサービスは、未成年者には任意加入から原則加入に昨年12月から変わったとのことですが、こちら「学校裏サイト」は、今もまだ野放しです。

これも「偽装」事件と同じで、金がもうかるからこういうビジネスがはやる。でそこに参加すると「いじめ」にも発展してしまう。(金にならなきゃ、だれも仕掛け始めない?)

これ、どうやって根絶できるのでしょう。ケータイ、ネットをやらない、やらせない。
それもできない? 実名主義? にする? でも業者はそんなもの「ヘのカッパ」。

便利、面白い、楽しいのツケだから、仕方ないのでしょうか? 親が厳しくすれば、すむのでしょうか?

道具がある。便利、面白い、悪ふざけ……人間のよくあるパターンが、人の心を傷つけます。私には解決策わからない。

ついでに、モンスターペアレント。こっちも私はわからない。どうしたら、そういう人間たちがなくなるのか…。

教育も、性善説では動かない時代なのでしょうか?
どうしたら、そういう、悪さを平気で行う人間たちがいなくなるのか…。

教育問題の問題点は、自分の子どもが教育期間をすぎると大人が無関心になることが、最大の問題だと私は思います。
が、わからない。解決方法が理解できない。それが私の感想です。
新年早々、全く迫力無くてスミません。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2008-01-07 16:30

No.127  トリえのない鳥の話

全くプライベートなことで、かつ不思議な(たいしたことない?)お話を一つ。
教育っていうカテゴリーに属するかもしれない話です。

皆さんも、卒業した学校の校歌を案外覚えていると思います。
私は、音楽はいつも成績が最悪でしたが、妙に校歌は覚えてるのです。(一部のみ抜粋)

<東京の馬橋小学校>
……小鳥羽ばたき、緑芽吹く、希望の庭に元気よく・・・…

<桐朋中学・高校>
……名もゆかし桐の朋、鵬(大鳥)の雛(ひな)の家、雨土に……

<上智大学>
……安らに憩うソフィアの鷲の目指す行く手はLUX VERITATIS(真理の光)……

と、お気づきのように、全部、鳥が登場するのです。共通項。
小鳥から、鵬になり、鷲に成長するかのように思えます。一見順調!

ところが、ジャーン! これで終わりません。
その後入社した、小学館。入社式でバッジをもらってびっくり!
マークは、ヒヨコが地球の殻を破って出てくる姿なのです。
ここにも鳥が。しかも、「環境を考えろ! 一からやり直せ!」というがごとく。

最後に、もう一つ、オチをいれます。私の干支は鳥歳です。

そのせいでしょうか? どうもビジネスが、トリッキー? チキン・レースのようになっちゃうんですよね。一発勝負、勝つか負けるか! そろそろ安定性が欲しい今日この頃です。

でも、かなり偶然とはいえ、面白いでしょう?
トリたてて、トリえもない「ほんの木」であり、私ですが、トリあえず、この辺で、今年もしかすると、ラストの教育ブログ、つまり、1年のトリのブログにさせてもらいます。

大した建設的なブログじゃなくて、すみません。読んでいただいた方、1年間ありがとうございます。

教育ブログは来年、少し子育て中の方が参考になるシリーズも入れます。
小社の過去の「教育・子育て」出版物の中から、ピックアップしたネタをサービスします。
1月1日から始める自称「力作」~「破綻のあとの日本と日本人へ」にも、社会、政治、国際、経済ネタの他、教育ネタも入れます。
世界もあなたも、よいお年を!


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-12-28 14:51

No.126 黙ってジロリ、やめませんか

先日、会社に来る途中、電車内でのできごと。
始発で席があり座って、ふと前をみたら、30代のテクノ系ファッションのサラリーマン・スタイルの男性が、後から横に座った、同じく30代の男性をジロリとにらみ、不快そうな顔をしてました。

この頃、この手の、ほかの人がちょっと狭いすきまに入り込んだり、混んだ車内から出口に向かう時、「すみません」とか「どういたしまして」「ありがとう」のような「ひと言」がまったくありません。

どうも日本、おかしいです。それで、ジロリとにらむ。
今週、自宅を出て道路の右側の端を歩いていると先方から来た男が、私の左腕に「ガーン」とぶつかってきました。先方、十分広い中央側を歩いていてです。私は「失礼」とあやまりましたが、どうみても先方、前向いて歩いていて、ぶつかってくる…前見てない?

理由は色々考えられます。
①他の人間と共存するための文化がない?
②日本人は、阿吽の呼吸?
③自己中心的?
④学校や社会人教育がない?
⑤家庭教育の欠如
⑥社会的風潮?
⑦何か考えごとしていて…

「ありがとう(ございます)」「すみません」「いいえ、どういたしまして」を大人になったら、ひんぱんに発しませんか?
大人である証明の第一歩として。広い意味での社会教育として。
大人があっちこっちでそれを言い始めたら、世の中きっと明るくなります。

ちなみに私は「すみませんオヤジ」「失礼! オヤジ」です。車内では必ずひと言発します。
すると協力的に、皆、たいていどいてくれます。できるだけ「ありがとう」を、これからはもっと頻繁に言うようにしよう、と思ってます。(歩いてくる人は要注意以外にない?)

横断歩道で止まってくれた車へ「ありがとう」と心でつぶやき、頭を下げる、時に片手を上げる。自動車事故予防のために。
(両手あげちゃうと、万歳なので、さすがにそれはしませんが)
次のブログ、いつになるかわからないので、とりあえず、ハッピーホリデーズ!!

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-12-21 18:54

No.125 オランダ・イエナプランに日本社会の未来を感じました

11月10日(土)、東京・市ヶ谷の法政大学でオランダの「イエナプラン」教育の講演会がありました。
約4時間、3名のオランダから来日したイエナプランの教育家による本格的な、その教育手法と哲学の紹介です。

プロデューサーは、オランダ教育研究家のリヒテルズ直子さんです。
この大変なプロジェクトを1年ぐらいかけて、資金を集め、開催にこぎつけた努力と情熱に、まず頭が下がりました。

会場は150人以上でしょうか、全席いっぱい。
皆、大変熱心に耳と目を傾けています。

プレゼンテーションは英語です。(英語理解できる参加者が多いので、びっくり。こっちはあせりました)パワーポイントによる表現やデザインもよし、また、内容も刺激的でした。(朝日新聞で近々、記事が出るそうですので、くわしいイエナプランについての情報は、そこで読めますし、リヒテルズさんの著作『オランダの個別教育はなぜ成功したか』(平凡社)でもわかります。(これも本当に、いい本です)

それにしても一つ感じたのは、日本の教育で、このような個を尊重し、ビジョン、社会哲学を持った状況に近づけるのは一体、いつになるか、ということでした。
社会を革命する気でないと、世界と正反対の今の日本の教育そのものが改革されない、そんな気分にすらなりました。

市民社会の器と質の違い。だから中身も違ってくる。
日本の未来を悲観したくないですが、イエナプランのよさを知ると悲しくなります。

11月15日、リヒテルズさんが「ほんの木」に来社してくれました。
大変お忙しい来日の中、時間をとってくれました。夕方まで、刺激に満ちた話で大いに盛り上がりましたし、近々、ほんの木でリヒテルズさんを日本にお呼びし、日本の教育改革運動を草の根でやっている人たちに色々話しをして欲しいな、と思いました。
リヒテルズさん! 日本の未来のために、本当にありがとうございました。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-11-18 18:25

No.124 NOVA破綻は、日本式教育のあだ花

「NOVA」、あの“駅前留学”の英会話学校経営が破綻しました。
それにしても、色々な英会話学校が政府の補助金のような(何というのですか?)サポートを受け、雨後の竹の子のように日本中にあります。

一体なぜ、英会話学校ブームなのでしょうか?

私は、この答えは、きわめて単純だと思います。
つまり、①国が、中学~高校~大学と、英語を話せる力でなく、文法を中心に教え、また暗記力を中心に、受験の必修科目にしているものの、少なくとも、会話を習得できるレベルに到ってない。②教育費を、各家計に徹底的に支払わせる国民負担教育が日本のシステム。③従って、学費の多くが受験競争のための塾や、この英会話などを始め、家計支出のかなりの部分を占めている。④となると、教育に金がかかるので、少子化となる。

このような国民負担教育の中で、グローバル化する世界が広がり、(やむなく?)英語が国際語となり、インターネットにも英語能力が求められ、かつ英語力のある人間の方が収入がよい、というおかしな、悲しむべき時代になりました。

で、自力で英語学校へ…。NOVAや他の外国人教師による英会話学校へ行かざるを得ない日本の現実があります。

教育を北欧のように大学まで無料化し、かつ、日本語の教育と英語の教育の2つのコースを小学校時代から設定し、バイリンガル型を選ぶか、日本語の従来型教育を選ぶかを自由化・多様化すべき、と私は強く思います。

そうすればNOVAは元々存在せず、雲がくれした社長の大阪の豪華マンションもありえなかったのです。日本人は日本語よい、もっと日本語能力を鍛えよ、という方針での、日本という国家の戦略(?)、文科省の後ろ向き教育システムの、これも一つのあだ花です。

それにしても約4000人のNOVAの外国人教師たちは、生活苦に陥っている人もいるようです。また、生徒も支払った授業料が戻ってこないそうで、二重の事件です。
どうでしょう? 文部科学省で、4000人を雇用し、全国の公立小・中学校で、英会話のクラブ活動をやってみては?

ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-11-09 09:16 | 最近のニュースから

No.123 「ブログ便秘」な今日この頃

e0086848_9512819.jpgブログが書けない―――何というか、「ブログ便秘」がこの所、しょっちゅう生じます。

何か、つまらないというか。書く気力が充実しないというか、夢がしぼんだ状態のよう、というか。

そんな時は、自分たちのやってる仕事、作っている本のPRをするのが一番。
てなわけで、今さっき手元に印刷所から届いた新刊をご紹介します。

アジヂアジヂの本です。

『お母さんの悩みをスッキリ解決 子育て・教育50のQ&A』がその本です。
「子どもたちの幸せな未来」ブックス・シリーズの第5期6号。(ほんの木刊)
5年間、このシリーズを隔月刊で続けてきましたが、いよいよ、その最終号です。

合計30冊。編集を一人でやりくりした、戸矢晃一さんのご苦労にまず深く感謝します。「ありがとう」「君は締切りギリギリばかりだが、よくやった! ありがとう」

それにしても、よく遅れに遅れに遅れまくった!(私の初体験!)
いやはや、毎号、ギリギリセーフの連続でした。中央精版印刷の坂本さん、ありがとう。
あなたの忍耐のおかげです。

で、本のPR。
汐見稔幸さん、大村祐子さん、真弓定夫さん、幕内秀夫さん、内田良子さんほか合計11人による読者の質問への回答集です。
子育てに、幼児教育に、多分、これだけ理解していればたいていは大丈夫、という50問です。
0~7歳のお母さん、11人のあったか、親切アドバイス、ぜひ一度読んでください。
子育てが少し楽しく、そして「らく」になりますよ。

よろしければ、ご友人にもぜひご紹介ください。
一人でも多くのお母さんが、子どもにとって幸せで、お母さんにとっても楽しい子育てになりますように、とこの5年間、資金のやりくりをし、体力の限りを尽くし、目をしばしばさせながら必死の思いで発行し続けました。
「ほんの木」なりの誠意の成果です。

おあとがよろしいようで………ハイ!


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-10-25 09:51 | おすすめ本・本の紹介

No.122 オランダからチューリップとイエナプラン教育が…

e0086848_1539311.jpgオランダ在住のリヒテルズ直子さんから、チューリップの球根がたくさん宅急便で届きました。
かわいいチュリーップの花の写真がプリントされた専用ボックスで、海を越えてやってきました。

翌々日、絵ハガキも届きました。
ありがとうございます、リヒテルズさん!
オランダは球根出荷の季節となりました…で始まる絵ハガキには、素晴らしいメッセージが書かれていました。

「球根を埋める楽しみは春を待つ楽しみでもあります。
私も球根を植えるような気持ちでいろいろな仕事をさせていただいています」
とあります。

含蓄あふれる言葉です。今、リヒテルズさんは、オランダの教育を中心に、市民社会のあり方を、日本に様々な形で、まさに日本という土に、その球根を埋めています。

この秋も、イエナプラン教育の専門家をオランダから引率する企画をプロデュースしています。

11月10日 12:30~法政大学 市ヶ谷55年館531号室 講演会
11月11日 東海大学代々木校舎4号館5階でワークショップを行う予定です。

くわしくはメール、 happy@4connection.orgまで。
ホームページはwww.4connection.org/です。

日本のあるべき教育像を豊かに示してくれるのではないかと私は期待しています。(ちなみに私は11/10(土)にまっ先に申し込みました)

イエナプラン教育は、専門家であるリヒテルズさんの最もおすすめのオランダで花咲いたオルタナティブ教育だと思います。

右寄りの、日本のゆがんだ教育にメスを入れたい私は、とても今から楽しみにしているプログラムの一つです。
そして、いただいたチューリップを春に咲かせるのももう一つの楽しみです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-10-23 15:37

No.121 「小学生の子育てと教育の悩み」にそっと答える本

e0086848_1056478.jpg
『小学生版のびのび子育て・教育Q&A』という新刊のご案内です。(ほんの木HPへのご紹介が遅れていますが、もうすぐアップされる予定です)
書店にはもう出ていると思います。教育書コーナーで見つからない方は、深追いせず、ほんの木へご連絡ください。
ご注文は 03-3291-3011です。(ちなみに定価1600円+税、送料無料)

さて、このお母さんのお悩み解消本、9人の方々にお答えいただきました。魚住絹代さん、内田良子さん、大村祐子さん、尾木直樹さん、北沢杏子さん、汐見稔幸さん、はせくらみゆきさん、藤村亜紀さん、山下直樹さんです。

学校生活、家庭生活での具体的な悩みを、9人の方々から進学、勉強、親子、夫婦、しつけ、友達づきあい、お金やネット、ゲーム、そして性について、1問1問ていねいに回答していただきました。全部で58問もあります。(8本の4コママンガつき)

ということで、「子どもたちに幸せな未来を」小学生版シリーズもついに1年目4冊を終了しました。

次はどんな内容の本にしようかと、思案中です。
幼児教育含めて、この5年間、合計34冊、やり尽くした?という気もあり、また、子育て・教育で悩んでいるお父さん、お母さんの力にもなりたいし…。

9月中には次年度シリーズの方針をまとめたいと思っています。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-09-19 10:57 | オルタナティブ教育

No.120 「自己肯定感」が日本の子どもたちへの未来のキーワード!

この1999~2007年の間、幼児教育、シュタイナー教育、小学生の親への教育問題の書籍を約72冊編集し、発刊してきました。

日本の子どもたちの未来を、幸せに、心豊かにと願っての、勝負でした。

らでぃっしゅぼーや、大地を守る会を中心に、力強いご協力あってのことです。
特に両社の温かいご支持は言葉で言い表せません。

さてこの72冊の中で特に強く感じるいくつかの問題が見えてきました。

①マンガ、テレビ、ビデオ、アニメ、ゲーム、ケイタイ
この一連のブームや、ビジネスの拡大とともに子どもたちの生活スタイルや時間の使い方(お金の使い方も)が変化し、多くの事件、引きこもり、不登校やいじめetcが拡大しているのではないかと思えます。

②テレビは特に、できれば7歳ぐらいまでは見ない方がいいようです。
ゲームもビデオもケイタイも。

③本を読む子どもに育つと、未来が開けるのでは、と思います。

④何より「自分のことが好き」という「自己肯定感」を育てることが日本の子どもへの大前提。
ほめる、よい所を見つけて伸ばす子育てこそ、今やるべき緊急子育ての課題です。ほとんどすべての先生や専門家の意見でした。

⑤競争、受験、格差などをいかに無くすか? 
これは教育というより、政治マターでしょう。

⑥平等性の高い社会。福祉レベルの充実した社会。そして教育に国の資金をもっと投入し、人材こそ日本の資源、という覚悟を持って、子どもたちを育ててゆくことが最重要です。

⑦日本国憲法、旧教育基本法を前提にした平和、国際貢献、生命の平等、格差の少ない、チャンスの多い国
そして世襲政治をなくし、政(自民)財(大企業)官僚の権力や権威をコントロールし、そして民主主義をよりよく生み出すシステムと教育を子どもたちに与えてゆくこと。それが日本を変え、世界の中で尊敬されてゆく、唯一の道と私は思います。

⑧私自身、日本という国に対して「自己肯定感」を持てるよう、まず子どもたちに自己肯定感を育て、次に社会、政治を民主化し、浄化し、公開させ、「日本が大好き」といえる国に作り変えたいものです。
これは愛国心ではなく、「日本が民主的でよい国」であるという「自己肯定心」なのです。


ご訪問感謝です。クリックお願いします!→e0086848_21253960.gif

[PR]
# by alternative-edu | 2007-08-31 18:58 | 雑感